Apple、macOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けに「セキュリティアップデート2021-001」を公開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.14 MojaveとmacOS 10.15 Catalina向けに「セキュリティアップデート2021-001」を公開しています。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2021年02月01日、macOS 11 Big Sur向けにBluetooth接続の信頼性を向上させ、Mac mini (M1, 2020)のディスプレイ問題を修正したmacOS 11.2 Big Sur Build 20D64をリリースしましたが、セキュリティサポートを継続しているmacOS 10.14 MojaveおよびmacOS 10.15 Catalina向けにも「セキュリティアップデート2021-001」が公開されています。

Security Update 2021-001 Catalina

macOS Catalinaセキュリティアップデート2021-001 10.15.7 –– 再起動が必要です
セキュリティアップデート2021-001をすべてのユーザに推奨します。このアップデートを適用するとmacOSのセキュリティが向上します。

リリースノートより

 Appleのセキュリティコンテンツによると、macOS Mojave向けのセキュリティアップデート2021-001では23件、macOS Catalina向けのセキュリティアップデート2021-001ではCVEベースで45件の脆弱性が修正されているので、ユーザーの方はなるべく早く時間を見つけてアップデートすることをお勧めします。

Security-Update-2021-001-Catalina-and-Mojave-note

セキュリティアップデート後のビルドナンバー

Version
Build
macOS 11 Big Sur macOS 10.15
Catalina
macOS 10.14
Mojave
macOS 11 Big Surのロゴ macOS 10.15 Catalina
2020年11月12日の
アップデート
macOS 11.0.1
20B29
(初期リリース)
macOS 10.15.7
19H15
macOS 10.14.6
18G6032
2020年12月14日の
アップデート
macOS 11.1 Big Sur
20C69
macOS 10.15.7
19H114
macOS 10.14.6
18G7016
2021年02月01日の
アップデート
macOS 11.2 Big Sur
20D64
macOS 10.15.7
19H512
macOS 10.14.6
18G8012