次期macOS 11 Big SurやiOS 14のSafari v14では、Touch IDやFace IDを利用してパスワード入力なしにWebサイトへのログインが可能に。

スポンサーリンク

 次期macOS 11 Big SurやiOS 14などのSafari v14では、Touch IDやFace IDを利用してパスワード入力なしにWebサイトへのログインが可能なるそうです。詳細は以下から。

Appleの新しいセキュリティ機能「Face ID」のアイコン

 Appleは日本時間2020年06月22日午前10時より世界開発者会議(WWDC20)をオンラインで開催していますが、その中のセッション10670「Meet Face ID and Touch ID for the web」によると、Appleは今年秋にもリリースを予定しているmacOS 11 Big SurやiOS 14/iPadOS 14のデフォルトブラウザとなるSafari v14で、MacやiPhone、iPadのTouch IDやFace IDを利用したWebサイトへログインを提供すると発表しています。

Web APIでTouch IDを要求

Face ID and Touch ID provide a frictionless experience when logging in — and now you can use them on your websites in Safari with the Web Authentication API. Discover how to add this convenient and secure login alternative to your website.

Meet Face ID and Touch ID for the web – WWDC 2020 – Videos – Apple Developer

スポンサーリンク

Safariとパスワード

 AppleはデフォルトブラウザであるSafariにユーザーが安全かつ簡単にWebサイトへログインできるようパスワード管理機能や、Touch ID/Face IDと連携したパスワードの自動入力機能Password Autofillを導入し、

2018年にリリースされたmacOS 10.14 Mojave/iOS 12搭載のSafari v12では、SMSベースでの2段階認証を利用しているWebサイトで、SMSで送信されてきたワンタイムパスワードをメッセージアプリからSafariへ転送し、自動入力するSecurity Code AutoFillを導入していますが、

macOS 10.14 MojaveのSecurity Code AutoFill

WWDC20のセッション10670によると、Appleは次期Safari v14でWeb Authentication APIを利用し、Webサイトへのログイン時にiPhoneやiPad、MacのFace IDやTouch IDを利用してパスワード入力なしにWebサイトへログインできるようAPIを提供するそうで、

Safari v14のFace ID Webログイン

パスワードレスでのログインはFIDO2に対応したTitanやYubicoのセキュリティキーでも可能ですが、Appleはさらに各Webサイトへ別々のAttestation(認証器の構成証明)を利用することができる「Apple Anonymous Attestation」を今後提供しユーザープライバシーにも配慮すると発表しています。

Apple Anonymous Attestation

Apple Anonymous Attestationは初期Seedでは利用できないそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    TouchIDのないMacでもApple Watch経由で使えるようにして頂きたいね。