Apple、「Logic Pro X v10.5.1」アップデート後、アプリがしばらく動かなくなりハングアップする可能性があるとしてサポートページを公開。

スポンサーリンク

 Apple、「Logic Pro X v10.5.1」アップデート後、アプリがしばらく動かなくなりハングアップする可能性があるとしてサポートページを公開しています。詳細は以下から。

Logic Pro X

 Appleは現地時間2020年05月12日、同社のデジタル・オーディオ・ワークステーションアプリ「Logic Pro X」発表以来、最大規模のアップデートとなるLogic Pro X 10.5をリリースし、06月11日にLogic Pro X 10.5の安定性を向上させ、いくつかの問題を修正した「Logic Pro X 10.5.1」をリリースしましたが、

Logic Pro X 10.5 Mac Pro (2019)

Logic Pro X 10.5.1
このアップデートには、安定性の向上および問題の修正が含まれます。

Logic Pro X – Mac App Store

このアップデート後、Logic Pro Xが起動した後、10分以上利用できず、ハングアップしてしまう不具合がApple Support CommunitiesやTwitterで報告されているとして、Appleがサポートページを公開しています。

Logic Pro X 10.15.1の問題

 Appleによると、Logic Pro X 10.15.1アップデート後、初めてLogic Pro Xを起動すると、Logic Proはプラグインのスキャンを行うそうで、プラグイン数が多い場合は10分以上スキャンを続けたり、プラグインに問題があった場合はスキャンを一時停止し、反応を停止する場合があるそうで、

If Logic Pro X hangs after updating

Logic Pro scans your plug-ins the first time it opens after updating. This scan must complete before Logic Pro can open.

  • If you have many third-party plug-ins, the scan can take 10 minutes or more.
  • If the scan detects an issue with any of your plug-ins, Logic Pro might suspend the scan or stop responding.

If Logic Pro X hangs after updating – Apple Support

AppleはLogic Pro Xの反応がなくなった場合は、Mission Controlを開いてプラグインに関する警告が表示されていないかをチェックし、警告が表示されていれば[Continue]をクリックしてスキャンを続行する、または、Logic Pro Xを強制終了してプラグインを最新のものに更新&互換性のないプラグインを削除してから再度起動して欲しいと記載しているので、問題に遭われている方は試してみて下さい。

Logic Pro X 10.15.1の警告