Apple、Windows向けに複数の脆弱性を修正したiCloudクライアント「iCloud for Windows 7.19/11.2」を公開。

スポンサーリンク

 AppleがWindows向けに複数の脆弱性を修正したiCloudクライアント「iCloud for Windows 7.19/11.2」を公開しています。詳細は以下から。

iCloudのアイコン

 Appleは現地時間2020年05月26日、macOS Catalina向けにmacOS Catalina 10.15.5を、現在もサポートを続けているmacOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave向けにセキュリティアップデート 2020-003および「Safari 13.1.1」を公開しましたが、Windows向けにもiCloudクライアント「iCloud for Windows v7.19/v11.2」を公開しています。

iCloud for Windows 11.2

iCloud for Windows 11.2の必要条件:

  • Outlook 2016以降 (メール、連絡先、カレンダー用)
  • Internet Explorer 11以降、Firefox 57以降、またはGoogle Chrome 73以降(ブックマーク用)

Microsoft Storeより

 システム要件はiCloud for Windows v7.19がWindows 7以降、iCloud for Windows v11.2がWindows 10以降で、両バージョンともにWebKitの脆弱性などCVE-IDベースで12件の脆弱性が修正されているので、Windowsユーザーの方はApple Software UpdateかMicrosoft Storeからアップデートすることをおすすめします。

iCloud for Windows 11.2

iCloud for Windows 11.1以降では「iCloud Driveフォルダ共有」が利用可能です。