Apple、WWDC20を6月22日よりオンラインで開催。Swift Playgroundを使った作品を披露できる学生向けの「Swift Student Challenge」は本日から5月18日まで作品を募集中。

スポンサーリンク

 AppleがWWDC20を2020年6月22日よりオンラインで開催すると発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2020年05月05日、03月に発表していた通り、例年06月に開催している世界開発者会議(WWDC)を今年は06月22日より1週間オンラインで開催すると発表しています。

WWDC 2020

カリフォルニア州クパティーノ――Appleは本日、当社の年次イベントである世界開発者会議(以下、WWDC)を6月22日よりオンラインで、Apple Developerアプリケーションと Apple Developerウェブサイトを通じ、すべての開発者を対象に参加費無料で開催することを発表しました。また、学生の皆さんが開発者として自身のコーディングの腕前を Swift Playground 作品を通じて披露できるチャンスとして、Swift Student Challengeを開催することも併せて発表しました。

Apple、世界開発者会議を6月22日よりオンラインで開催 – Apple (日本)

 今年は新型コロナウィルス(COVID-19)の影響を受け、Appleはキーノートやセッションを含む全てのプログラムをオンラインで提供する予定で、iOS 14やiPadOS 14、macOS 10.16、tvOS 14、watchOS 7の新機能やセキュリティ機能の詳細が行われると推測されます。

Swift Playgrounds v3.3

スポンサーリンク

Swift Student Challenge

 また、AppleはオンラインでWWDCを開催するにあたり、学生を対象にSwift Playgroundを利用して3分以内で体験できる作品(シーン)を募集、その作品を全世界の開発者へ披露し、評価してもらう「Swift Student Challenge」も用意しており、優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットが進呈されるそうです。

 Swift Student Challengeは事前提出制で、本日から太平洋夏時間05月17日23時59分(日本時間では05月18日15時59分)までにChallengeの規約に沿った作品を提出する必要があり、

Swift Student Challenge Winners

Swift Playgroundsは iPad と Mac のために用意されている革新的なアプリケーションで、コードを実際に動かして楽しみながらプログラミング言語である Swift が学習できるようになっています。そして、本日より5月17日23時59分(太平洋夏時間;日本時間では5月18日15時59分)までに、世界中で開発に取り組んでいる学生の皆さんを対象に、Swift Playground で作った実際に操作して3分以内で内容を体験できるシーンを募集します。優秀作品には他では入手できないWWDC20ジャケットとピンバッジのセットを進呈します。

Apple、世界開発者会議を6月22日よりオンラインで開催 – Apple (日本)

その他、キーノートや各プラットフォームの指針を示すPlatforms State of the Union、セッションおよびラボのスケジュールは例年同様、Apple Developer(旧WWDC)アプリで06月以降に通知すると発表されています。

Apple Developer 2020 app