Apple、米サンノゼにて「WWDC18」を現地時間2018年6月4~8日の日程で開催。

スポンサーリンク

 Appleが米サンノゼにて「WWDC18」を現地時間2018年6月4~8日に行うと発表しています。詳細は以下から。

WWDC 2018 logo

 Appleは現地時間2018年03月13日、毎年恒例の開発者向けイベント「WWDC」を現地時間2018年06月04日 ~ 08日にかけて昨年と同じ米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンター (McEnery Convention Center) で開催すると発表しています。

WWDC 2018サイト

カリフォルニア州クパティーノ―2018年3月13日、Apple®は本日、来たる6月4日-6月8日の期間、今年で29回目となる年次イベントのワールドワイドデベロッパカンファレンス(世界開発者会議、以下WWDC)をサンノゼで開催する予定であることを発表しました。世界で最も創造的な開発者コミュニティの本拠地として、マッケナリー‧コンベンションセンターが選ばれ、この場所に例年のように、それぞれの独自の視点を皆と分かち合い、Appleが提供する画期的な製品とサービスの未来について学ぼうとする人々が集うことになります。

Apple、6月4日よりサンノゼにてWorldwide Developers Conferenceを開催 – Apple

スポンサーリンク

Registration

 AppleはWWDC18の発表と同時に参加登録受付も開始しており、Apple Developer Programに登録している方は米国太平洋時間2018年03月22日の午前10時までに申す込をする事で登録者の中から抽選され1,599ドル(約17万円)のチケットを購入する事ができ、学生やSTEMメンバーはAppleのScholarshipsに基づき選出され無料で招待されるそうです。

WWDC 2018の登録

開発者の皆様は、本日より3月22日の午前10時(米国太平洋標準時夏時間;日本時間は3月23日の午前2時)まで、WWDCウェブサイトにて参加チケットをお申し込みいただけます。チケットは無作為の抽出プロセスにより抽選で発行され、応募者には抽選結果を3月23日の午後5時(米国太平洋標準時夏時間;日本時間は3月24日の午前9時)までにお知らせします。

Apple、6月4日よりサンノゼにてWorldwide Developers Conferenceを開催 – Apple

 例年と同じであればWWDC18の基調講演は日本時間06月05日午前2時からで、次期macOSやiOS, watchOS, tvOSに加え、SiriKit、HomeKit、HealthKit、GymKit、MusicKit、ResearchKit、Core MLなど各APIのアップデートや、発売されたばかりのHomePodの新情報、新しいデバイスなどの発表があるかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    Mac Pro,Mac mini 出て欲しい。
    Marzipan どうなるか?

  2. 匿名 より:

    新ipad miniが出れば他は要らない。

    ジーニアスバーのお兄ちゃんに、mini5出せよ、安いんだから即買うたるがな、と言ったら、苦笑いしながらmini売れてないから、って返されて悲しい。

  3. 匿名 より:

    この公式サイトの立体感、完璧にARKitの発表じゃんね