ディスプレイの輝度やボリュームのHUDをスリムなiOS 13風にしてくれるアプリ「SlimHUD」がリリース。

スポンサーリンク

 ディスプレイの輝度やボリュームのHUDをiOS 13風にしてくれるアプリ「SlimHUD」がリリース。詳細は以下から。

SlimHUD

 Appleが2019年末にリリースしたiOS 13では、それまでmacOSスタイルだったボリュームや輝度のHUDが、Android PスタイルのSliderに変更され、タッチ操作できるようになったことは記憶に新しいと思いますが、今度は、そのmacOSのHUDをiOS 13風にしてくれるアプリ「SlimHUD (Cyanocitta)」が新たにリリースされています。

iOS 13 New slider-style volume indicator

 SlimHUDを開発&公開したのはイタリアの学生のAlex Perathonerさんで、macOSのSIP(System Integrity Protection)を無効化してアプリを起動しておくと、macOSのボリューム、キーボード/ディスプレイ輝度のHUDをスリムなiOS 13風に置き換えてくれます。

 SlimHUD and macOS HUD

Replacement for MacOS’ HUDs.
Every day you change your volume or brightness and an ugly and unbelievably old overlay animation appears. SlimHUD is what you need.

AlexPerathoner/SlimHUD: Replacement for MacOS’ volume, brightness and keyboard backlight HUDs. – GitHub

 SlimHUDで表示されるインジケーターのカラーと背景色は任意に変更可能で、位置も上下左右に変更でき、Appleの公証は取得されていませんが、ソースコードとバイナリはGPL 3.0ライセンスでGitHubリポジトリに公開されているので、興味のある方は試してみてください。

Replacement for MacOS' volume, brightness and keyboard backlight