WebベースのターミナルエミュレーターHyperがWebGLレンダリングやElectron v4を採用した「Hyper v3 Canary」を公開。

スポンサーリンク

 Webベースのターミナルエミュレーター「Hyper」がWebGLレンダリングやElectron v4を採用した「Hyper v3.0 Canary」を公開しています。詳細は以下から。


 Hyper(旧HyperTerm)はサンフランシスコのSaaS▲ZEITがHTMLやJavaScript、CSSなどのWebベースの技術を利用して2016年ごろから開発&公開しているターミナルエミュレータアプリで、オープンソースでElectron製なため豊富なプラグインやクロスプラットフォーム対応で人気となっていますが、このHyperのv3.0.0 Canary版が新たに公開されています。

Hyper v3 Canary

🏎 New WebGL renderer (=> performance like never before)
Major Changes

  • WebGL renderer 🏎: #3368
  • Upgrade Electron to v4: #3329

zeit/hypertermより

 次期メジャーアップデートとなるHyper v3.xではレンダラーがCanvasに代わりWebGLに変更され(Canvasも引き続き利用可能)、Electronフレームワークも昨年末にリリースされたv4.0.0へアップデートされています。

hyper-pokemon

 Hyper v3.xのリリース次期は定まっていないようですが、v3.xでもv2.xのプラグインやテーマ(画像はポケモン・テーマ)はそのままhyperコマンドでインストールできるので、ユーザーの方は試してみてください。

Homebrew Caskを使うとv2.xがインストールされるので、v3.xを利用したい場合はGitHubリポジトリからダウンロードしてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    > Homebrew Caskを使うとv2.xがインストールされるので、v3.xを利用したい場合はGitHubリポジトリからダウンロードしてください。

    homebrew-cask-versions で Hyper Canary もインストール出来ますよ。

    “`
    brew tap homebrew/cask-versions
    brew cask install hyper-canary
    “`

  2. 匿名 より:

    .hyper.js の module.exports.config.updateChannel の値を ‘canary’ にしておかないと自動アップデートでダウングレードされますね。

    自動アップデートでダウングレードはバグじゃないか?w