MacBook Air (2020)購入前の注意点まとめ。

スポンサーリンク

 MacBook Air (2020)を購入する前に確認しておきたい注意点をまとめました。詳細は以下から。

MacBook Air (2020)のアイコン

 Appleは現地時間2020年03月18日、不評だったバタフライキーボードのキーボードに代わり、キーストローク1mmのシザー構造キーボードを採用し、Intelの第10世代Coreプロセッサを搭載した「MacBook Air (2020)」を発売しましたが、同モデルと「MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)」比較してみたところ、以下のようなスペックと仕様が違うことを理解していればいいと思われます。

MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)

Turbo Boostの使用時に最大3.8GHzで稼働する、1.2GHzの最新の第10世代IntelクアッドコアCorei7プロセッサを搭載[…]再設計されたシザー構造によりキーストロークの深さは1mmとなり、快適で安定した打鍵感[…]新しいMacBook Airでは基本構成のストレージ容量が、前世代の2倍の256GB

新しいMacBook Air、さらなる魅力を備え、104,800円とお求めやすくなって登場 – Apple

スポンサーリンク

MacBook Air (2020)の仕様

 MacBook Air (2020)と旧MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)の仕様で大きく違うのはIntelのSKUで、2020年モデルはPro Display XDRや6Kディスプレイに対応していることから、Intelの第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」が採用されており、オンボードメモリもLPDDR4Xを採用し、ストレージ容量が倍で価格が値下げされているため、いいこと尽くめのように思えますが、

Apple Pro Display XDRとMacBook Air (2020)

新しいiPad Proでも採用されているWi-Fi 6には非対応で、メモリも最大16GBまでで、Magic Keyboad採用のためか高さが1.61 cmと0.5 mm高くなっているので、MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)のケースやキーボードカバーなどを流用するのは難しいと思われます。

MacBook Air (2020)のポイント

Good

  • ストレージ容量が前モデルの2倍で、価格は値下げ。
  • Bluetooth 5.0対応。
  • オンボードメモリが動作周波数2,133MHzのLPDDR3から3,733MHzのLPDDR4Xになり、より低消費電力に。
  • MacBook Pro (16-inch, 2019)と同じ指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイを搭載。
  • Apple TVのコンテンツにも利用されている、Dolby Atmosの再生に対応。
  • Intelの第8世代Coreプロセッサ「Amber Lake」から第10世代Coreプロセッサ「Ice Lake」にプロセッサ性能が向上。
  • 採用されているIce LakeプロセッサのiGPUはIntel Iris Plus GraphicsでDP 1.4をサポートしていることから、eGPUなどを利用せず、AirのみでPro Display XDRなど6,016×3,384ピクセル解像度のディスプレイを周波数60Hzで利用可能。

Bad

  • FaceTime HDカメラの解像度は720pのまま。
  • ワイヤレスインターネット閲覧でのバッテリー駆動時間は1時間短く、最大11時間に。
  • ワイヤレスネットワークはIEEE 802.11acのままで、Wi-Fi 6(802.11ax)には非対応。
  • シザー構造のキーボードは逆T字型配列の矢印キーを採用しているので、キーボードカバーの流用は不可能。
  • シザーキーボードを採用したことで(?)、MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)より若干厚くなっている。厚さ0.41~1.56 cm → 0.41~1.61 cm

プロセッサ

 また、採用されているプロセッサについては、Appleが公開しているスペックと同じ仕様のSKUがIntelのデータベースにないため、MacBook Proの時のように、Intelが後で公開するか、AppleがcTDP(コンフィグラブルTDP)で、以下のSKUを調整しているものと思われます。

MacBook Air (Retina, 13インチ, 2019)

MacBook Air Model Core
Thread数
Base
Turbo Boost
L3 Cache TDP リンク
ベースモデル i5-8210Y 2/4 1.6GHz/3.6GHz 4MB 7W Ark.Intel
Geekbench

MacBook Air (2020)

MacBook Air Model Core
Thread数
Base
Turbo Boost
L3 Cache TDP リンク
ベースモデル i3-1000G4 2/4 1.1GHz/3.2GHz 4MB 9W Ark.Intel
上位モデル i5-1030G7
i5-1035G4
(予想)
4/8 1.1GHz/3.5GHz 6MB 15W Ark.Intel
CTOモデル i7-1060G7
i7-1065G7
(予想)
4/8 1.2GHz/3.8GHz 8MB 9~15W Ark.Intel

追記

 MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)のSKUはcTDPで調整しているのではなく、ロードマップに記載されていない、MacBook Air専用のSKUとなっているそうです。

MacBook Air Model Core
Thread数
Base
Turbo Boost
L3 Cache TDP リンク
MBA 2019
ベースモデル
i5-8210Y 2/4 1.6GHz/3.6GHz 4MB 7W Ark.Intel
MBA 2020
ベースモデル
i3-1000NG4 2/4 1.1GHz/3.2GHz 4MB 9W Ark.Intel
MBA 2020
上位モデル
i5-1030NG7 4/8 1.1GHz/3.5GHz 6MB 10W Ark.Intel
MBA 2020
CTOモデル
i7-1060NG7 4/8 1.2GHz/3.8GHz 8MB 10W Ark.Intel

コメント

  1. 匿名 より:

    注文してケースも用意しておこうと思ってたが、まだ買わなくてよかった。
    そうか高さが違うのか、見た目はあまり気にならないと思うけど・・・
    助かりました。ありがとう。