macOS 10.15.4 Catalinaでは日本語エンコーディングを含んだzipファイルが、エラー22で解凍できない問題がようやく修正。

スポンサーリンク

 macOS 10.15.4 Catalinaでは日本語エンコーディングを含んだzipファイルが、アーカイブユーティリティで解凍できない問題がようやく修正されています。詳細は以下から。

ArchiveUtility

 Appleが2019年10月にリリースした「macOS 10.15 Catalina」では、日本語のShift JISや簡体字中国語のGB 2312エンコーディングされたファイルや、それを含むフォルダをWindows環境で圧縮すると、Catalinaのアーカイブユーティリティで「エラー22 – 引数が無効です。」というエラーが表示され、解凍できない不具合が報告されていましたが、この不具合は本日リリースされたmacOS 10.15.4のアーカイブユーティリティで修正されています。

macOS 10.15.4 Catalina unzip include japanese

エラー22 – 引数が無効です。(error 22: invalid argument)

 macOS 10.15.4 Catalinaではアーカイブユーティリティのバージョンは10.15(128.2.1)で変更ありませんが、確認したところ、これまで解凍できなかったShift JISやGB 2312エンコーディングのファイルを含んだzipファイルがmacOS 10.14.x Mojaveと変わらずに解凍できるようになっていたので、この不具合に遭われていた方はアップデートして確認してみてください。

macOS 10.15 Catalinaとzipファイル

スポンサーリンク

おまけ

 一応、手持ちのmacOS 10.15.3 Catalinaまで解凍できないzipファイルでは確認しましたが、macOS 10.15.4アップデート後も引き続き解凍できないzipファイルがある方はエンコードセレクターが利用可能なKekaThe UnarchiverStuffIt Expanderなどのサードパーティ製・圧縮解凍アプリを利用してみてください。

Keka for Mac

コメント

  1. 匿名 より:

    zipの関連付けをアーカイブユーティリティに戻しても、ファイルのアイコンが元に戻りませんね
    (最初はzipという文字がアイコンに表示されていたが、今はアーカイブユーティリティアプリのアイコンになっている)

  2.   より:

    外部のフリーソフトでシステム構成してるからそうなる。
    先端ばっか追いかけて基礎を疎かにし過ぎ。

  3. 匿名 より:

    アイコンを戻すにのこちらでいけます!!
    1. 使わないアプリを仮インストール
    2. ZIPファイルをFinder > command+i >このアプリケーションで開く
    3. 仮インストールしたアプリを選択して「すべてを変更」
    4. 仮インストールしたアプリを削除
    5. Finder再起動