Finderのツールバーからターミナルアプリなどでカレント・ディレクトリやファイルを開いてくれるユーティリティ「OpenInTerminal」がCotEditorとMacVimをサポート。

スポンサーリンク

 Finderのツールバーからターミナルアプリなどでカレント・ディレクトリを開いてくれるユーティリティ「OpenInTerminal/Editor」がCotEditorとMacVimをサポートしています。詳細は以下から。

OpenInTerminal

 OpenInTerminalは中国のエンジニアJianing Wangさんが、2019年から開発&公開しているユーティリティアプリで、現在Finderで開いているフォルダや選択しているファイルをカレント・ディレクトリ/ファイルとしてターミナルやエディタで開いてくれる機能がありますが、この「OpenInTerminal」シリーズが、CotEditorとMacVimに対応しています。

OpenInTerminal for Mac

✨ Finder Toolbar app for macOS to open the current directory in Terminal, iTerm, Hyper or Alacritty.

Ji4n1ng/OpenInTerminal – GitHub

 同様の機能を持ったアプリは過去にも「Go2Shell」や「cd to …」、「Shell Here」など数多く公開されていますが、多くが既に開発を終了/メンテナンスされていないことからJianingさんはOpenInTerminalの開発を決めたそうで、メニューバーアイコンの他にもコンテキストメニューにも[サービス]メニューとは別に[Open In Terminal/Editor], [Copy path]を表示してくれます。

OpenInTerminal

 OpenInTerminalシリーズは現在、キーボードショートカットやGUI設定、ダークモードをサポートした多機能版の「OpenInTerminal」と、プリセットしたターミナルとエディタのみをワンクリックで利用できる「OpenInTerminal-Lite & OpenInEditor-Lite」が用意されており、どちらもOSSでGitHubリポジトリに公開されているので、Open In系のアプリが必要な方はチェックしてみてください。

OpenInTerminal-Lite & OpenInEditor-Lite

OpenInTerminalを利用する場合はシステム環境設定アプリの[機能拡張] → [Finder機能拡張]でOpenInTerminalを有効にしてやる必要があります。