MacのFinderで開いているフォルダをターミナルでカレント・ディレクトリとして開く方法&アプリまとめ。

スポンサーリンク

 MacのFinderで開いているディレクトリをちょっとTerminalでいじりたい時のアプリを調べていたのでまとめました。詳細は以下から。

DTerm

スポンサーリンク

OS Xデフォルト

 OS Xのデフォルト機能を利用する場合は、Macのシステム環境設定から[キーボード]>[ショートカット]>[サービス]>[ファイルとフォルダ]の「フォルダに新規ターミナル」項目をONにします。

システム環境設定-フォルダに新規ターミナル

 これでディレクトリ(フォルダ)をFinderで選択した場合のみ、コンテキストメニューに「フォルダに新規ターミナル」が表示されターミナルが開きます。

フォルダに新規ターミナル

Go2Shell

‎「Go2Shell」をMac App Store

 Go2ShellはFinderのツールバーに常駐させて使うユーティリティ。Mavericksの場合ツールバーに常駐させるには⌘(Command)キーを押しながらツールバーにドラッグ&ドロップ。

‎「Go2Shell」をMac App Store

 Terminal以外にiTermやxtermも設定でき、アプリケーションディレクトリに移動して以下のコマンドでSetupウィンドウが開きます。

Go2Shell Setup

$open -a Go2Shell --args config

Shell Here

ShellHere

 Go2Shellと同様にFinderのツールバーに常駐させて使うユーティリティ。オープンソースでGitHubリポジトリに公開されています。

ShellHere

cd to …

Cd To ...

 上の2つとほぼ同じ機能ですが、2001年からオープンソースで開発されており、ターミナルの他にiTermやX11、xterm別にアプリ(cd to.app)があります。

jbtule/cdto

DTerm

DTerm

 Finderのメニューバーからではなく、ショートカットキーでFinderのツールバー部分にコマンドラインを表示するアプリ。

DTerm

Shift + Command + ReturnでDTermが表示され、さらにCommand + ReturnでFinderで開いているディレクトリが独立したttyとして表示されます。

DTerm

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    DtermとOpenコマンドの併用がべんりだよ。
    ショートカットキーDterm起動して後は
    $open .git
    で不可視ディレクトリも開ける。