Brydge、トラックパッドを一体化したiPad Pro 11/12.9インチ用キーボード「Brydge Pro+」を2020年2月より発売。

スポンサーリンク

 Brydgeがトラックパッドを一体化したiPad Pro 11/12.9インチ用キーボード「Brydge Pro+」を2020年2月より発売するそうです。詳細は以下から。

Brydge Pro Plus

 iPad用のキーボードやMacBook用Dockなどを開発&販売している米ユタ州のサードパーティ製メーカーBrydge Technologiesは現地時間2020年01月02日、iPad Pro用キーボードの「Brydge Pro」シリーズに、新たにトラックパッド一体型のキーボード「Brydge Pro+」を追加&発売すると発表しています。

Brydge Pro Plus

BRYDGE PRO+
Our best selling keyboard just got better. Now with an integrated trackpad. Take your iPad to the next level.For the 12.9-inch (3rd Gen) and 11-inch iPad Pro.

Brydge Pro+ | iPad Pro Keyboard – Brydge Technologies

 Brydge Pro(Non-Plus)とBrydge Pro+の最大の違いはiPadOS 13のアクセシビリティ機能Assistive Touchを利用してポインティングデバイスとして利用できるトラックパッドで、一体化されたトラックパッドはマルチタッチをサポートし、

Brydge Pro Plus

3本指のタップでmacOS/iOSのマルチタスキング機能であるExposéを左右のコーナーをシングルタップすることでホームスクリーン、2本指のタップでDockを表示といったアクションを行うことができます。

Brydge Pro Plus Multitasking

iPadOS 13のカスタムアクションで変更可能。

 キーボードはNon-Plusモデルと同様に3段階に調節できるバックライトを搭載し、Bluetooth 4.1接続で1回のバッテリー充電で最大3ヶ月の使用が可能。発売は初回プレオーダーの500ユニットが2020年02月からの出荷で、それ以降は03月の出荷となっており、価格はiPad Pro 11-inchモデル用が199.99ドル、12.9-inch用が229.99ドルとなっています。

Brydge Proシリーズのキーボードは全て英語配列です。

 また、2019年09月からサンプル品を提供されていたMacStoriesのFederico Viticciさんによると、トラックパッドは少し小さいそうですが、やはり一体型は使い勝手がいいそうなので、気になる方はチェックしてみてください。

発売は2020年04月中旬に延期されたそうです。
スポンサーリンク

おまけ

 Brydgeは昨日、今年初の新製品としてiPadOS向けにデザインしたマルチタッチエンジンを搭載したガラス製のトラックパッドiPadOS Trackpadも発表しています。

Brydge iPadOS Trackpad overview

コメント

  1. K2 より:

    画像だけ見て新OSのMacBookかと思ったわ。いいなこれ。