macOS 10.15 CatalinaにアップグレードしたMacでAdobe Photoshopを使用しファイルをexFATフォーマットの外部ドライブに保存しようとするとフリーズする不具合があるとしてAppleとAdobeが対応中。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 CatalinaにアップグレードしたMacでAdobe Photoshopを使用しファイルをexFATフォーマットの外部ドライブに保存しようとするとフリーズする不具合があるとしてAppleとAdobeが対応しているそうです。詳細は以下から。

外付けストレージのアイコン

 Appleが2019年10月にリリースしたmacOS 10.15 Catalinaでは、AdobeのPhotoshopやLightroom/Classicにおいて保存ダイアログの変更が反映されない、プラグインが認証されない、レンダリングが出来ないなどの不具合が確認され、AdobeはAppleとともに現在もこの不具合に対応していますが、Adobeは現地時間2019年12月13日、それらの不具合に加えて、PhotoshopでファイルをMicrosoftのexFATフォーマットの外部ドライブに保存しようとすると、Photoshopがフリーズする場合があるとして既知の不具合に追加しています。

Adobe PhotoshopとexFATとmacOS 10.15 Catalinaの不具合

Saving doesn’t complete when saving to an exFAT formatted drive
Saving files to exFAT formatted external drives can freeze before the file is saved.

Photoshop and macOS Catalina (10.15) – Adobe

 この不具合は2019年11月にアップデートされた2020年版Creative Cloudの「Photoshop v21.0」までのPhotoshopで確認されているそうで、Adobeは現在Appleと対応しているそうですが、不具合が修正されるまではexFATフォーマット以外の外部ドライブを利用したり、一度ローカルドライブに保存してからFinderでファイルを操作する用にコメントしています。

Adobe PhotoshopのexFATファイルエラー

対処法

  • ファイルをexFATフォーマット以外の外部ドライブに保存する。
  • ファイルを一度ローカルドライブに保存し、Finderを利用してexFATフォーマットのドライブにファイルをドラッグ&ドロップする。

コメント

  1. 匿名 より:

    本当にポンコツOS Catalinaだわ。
    一年ごとにOSあげんのやめてほしいわ。