Googleの開発している画像フォーマットWebPを、Adobe Photoshopで開く/保存するためのプラグイン「WebPShop.plugin」をmacOS 10.15 Catalina環境で使う方法。

スポンサーリンク

 Googleの開発している画像フォーマット「WebP」を、Adobe Photoshopで開く/保存するためのプラグイン「WebPShop.plugin」をmacOS 10.15 Catalina環境で使う方法です。詳細は以下から。

Photoshop 2020 v21.0

 WebPフォーマットはGoogleが開発している新しい画像フォーマットで、可逆圧縮のPNGと比較して26%、非可逆圧縮のJPEGと比較して25~34%もファイルサイズを小さく出来るため、GoogleのChromeはもちろん、FirefoxやEdge, OperaなどAppleのSafari以外のブラウザがサポートし、

caniuse.comのWebP

現在はグローバルユーザーの約78%(Can I Use..)がWebPを表示することが出来ますが、GoogleはこのWebPを利用するためのWebベースの画像圧縮ツールSquooshやWebP用のエンコード/デコード、ビュワーなどのライブラリに加え、昨年07月にAdobe Photoshop用のプラグイン「WebPShop」も公開しています。

WebPShop.plugin for Adobe Photoshop

 このWebPShopプラグインはmacOS 10.15 Catalinaがリリースされる前の07月に公開されたため、Catalinaでは検証されておらず、Gatekeeperの範囲が広がったCatalinaでは公証されていない古いプラグインとして利用できなくなっていますが、以下の方法で最新のmacOS 10.15 CatalinaとPhotoshop 2020でも利用できるようになります。

公証されていないWebPShop.pluginプラグイン

スポンサーリンク

WebPShop.pluginをmacOS Catalinaで使う

 WebPShop.pluginをmacOS Catalinaで使うためには、まず、WebPShop.pluginの最新バージョンとなるWebPShop 0.2.1をAdobeのリポジトリからダウンロードして、Photoshopのプラグインフォルダへ保存。

Adobe Photoshop 2020のWebPShop.plugin

/Applications/Adobe Photoshop 2020/Plug-ins/WebPShop.plugin

 次に、公証されていないWebPShop 0.2.1プラグインから隔離フラグ(Quarantine Flag)を削除するために、ターミナルアプリから以下のxattr(eXtended ATTRibutes)コマンドを使ってフラグを削除します(要管理者権限)。

WebPをAdobe Photoshopで開く

sudo xattr -r -d com.apple.quarantine /Applications/Adobe\ Photoshop\ 2020/Plug-ins/WebPShop.plugin

 これでPhotoshopを開くと、WebPShopプラグインがロードされ、WebPファイルを開き、保存することができるので、最新のmacOS 10.15 CatalinaとPhotshopでWebPを扱いたい方は試してみてください。

Adobe PhotoshopでWebPフォーマットを保存