Apple Pro Display XDRはBootCampを利用したWindows 10環境のMacでも利用可能。

スポンサーリンク

 Apple Pro Display XDRはBootCampを利用したWindows 10環境でも利用可能だそうです。詳細は以下から。

Pro Display XDR

 Appleは現地時間2019年12月10日、32インチRetina 6Kディスプレイを採用した「Pro Display XDR」の発売を開始し、翌12月11日にmacOS 10.15.2 Catalinaアップデートの適用を開始しましたが、同時にBootCampアシスタン向けに提供しているWindows 10用ドライバをアップデートし、新たに「Pro Display XDR」に対応したと発表しています。

Pro Display XDR with Windows 10

You can use your Apple Pro Display XDR with Microsoft Windows on certain Mac models. Just make sure that your software is up to date.

How to use Pro Display XDR with Boot Camp – Apple Support

 Appleが新たに公開したサポートドキュメントによると、Pro Display XDRを利用できるWindows 10環境のMacは以下のモデルで、macOS/Windows環境ともに最新のmacOS Catalina 10.15.2とBoot Camp Assistantを利用していることが条件となっています。

How to use Pro Display XDR with Boot Camp

Mac PC
システム要件 macOS 10.15.2 Catalina Windows 10と
最新のBootCampドライバ
対応モデル
  • MPX Module GPUを搭載した
    Mac Pro(2019)
  • 15インチMacBook Pro(2018)
  • 16インチMacBook Pro(2019)
  • 21.5インチiMac(2019)
  • 27インチiMac(2019)
  • Blackmagic eGPUまたは
    Blackmagic eGPU Proと組み合わせた、
    Thunderbolt 3ポートを搭載する
    Macのすべてのモデル
  • 2018年以降に発売した
    15インチ/16インチのMacBook Pro
  • 2019年発売のMac Pro
  • 2019年発売のiMac

 また、Windows環境でプリセットされたPro Display XDRのリフレッシュレートリファレンスモード、Night ShiftやTrue Toneが利用できるかは定かではありませんが、Windows環境では特に追加のセットアップをすることなくPro Display XDRが利用できるそうなので、購入された方は試してみてください。