Mac Pro (2019)のSSDモジュールとキャスターはAppleまたは正規サービスプロバイダでの交換が必要。

スポンサーリンク

 Mac Pro (2019)のSSD モジュールとキャスターはAppleまたは正規サービスプロバイダなどで交換可能する必要があるそうです。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2019年12月10日、Apple T2チップを搭載し最大28-Core Intel Xeonと1.5TBメモリなどを搭載可能なMac Pro (2019)の販売を開始しましたが、同時に公開されたサポートドキュメントによると、Mac Pro (2019)に搭載されているSSDモジュールとオプションのキャスターはAppleまたはAppleの正規サービスプロバイダでの交換が必要のようです。

Mac Pro (2019) の部品の取り付けと交換

SSD
Mac Pro は最大 2 つのソリッドステートドライブ (SSD) モジュールに対応します。SSD モジュールの取り外しや交換が必要な場合は、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにお問い合わせください。

キャスター
オプションで Mac Pro にキャスターを付ければ、簡単に移動できます。すでに Mac Pro をお持ちで、キャスターを取り付けたい場合は、Apple または Apple 正規サービスプロバイダにお問い合わせください。

Mac Pro (2019) の部品の取り付けと交換 – Apple サポート

 キャスターについては不明ですが、AppleによるとMac Pro (2019)のSSDのモジュールはNVMeベースのApple独自モジュールで、Mac Pro上面向かって左側(M/Bを挟んで拡張カードスロットの裏)にSSD専用のスロットが2つ用意されており、

Mac Pro (2019) SSD

iMac Proなどと同様にApple T2と紐付けされているため、Appleやサービスプロバイダの「MCU (Mac Configuration Utility)」「AST (Apple Service Toolkit)」で診断&再度紐付けする必要があるものと思われます。

Apple Service Toolkit 2

スポンサーリンク

おまけ

 ただし、Mac Pro (2019)へNVMe SSDを増設したい場合はWWD 2019でも発表されていたとおり、PCIe 3.0 x 16対応のPCIeカードSonnet M.2 4×4 PCIe Cardに4枚のM.2 2280 NVMe PCIe SSDを接続し最大転送速度12,000MB/sで8TB RAID 5ストレージを構成できる他、

Sonnet M.2 4x4 PCIe Card for Mac Pro (2019)

キャスターについては、旧タワー型のMac Proが発売された際にもサードパーティメーカーがキャリアーやCPUスタンドを発売していたため、Mac Pro (2019)用設計のキャリアーやCPUスタンドもそのうち発売されると思われるので、拡張性に優れたMac Pro (2019)でApple製の高いSSDやキャスターを無理に追加する必要もないと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    動画で紹介しているTembaのバッグは27インチiMac用のものを使ってる。そんなに持ち歩くわけじゃないが、作業場のプチ引っ越しでは、あるとないとじゃ大違い。

  2. 匿名 より:

    サードパーティの邪魔をAppleがどれだけやってくるか楽しみだなー

  3. 匿名 より:

    PCIeスロットもApple認証が無いカードを刺すと認識しないとかありそうだな

  4. 匿名 より:

    ゴミ箱の反省を活かして拡張性を高める、とは何だったのか。
    アップルが作業しやすくなっただけで、全然ユーザーメリットになってないね。