Autodesk、無償化したスケッチアプリ「SketchBook for iOS/macOS/Win」からログイン画面に続きスプラッシュ画面も廃止。

スポンサーリンク

 Autodeskが無償化したスケッチアプリ「SketchBook for macOS/iOS」からログイン画面に続きスプラッシュ画面も廃止しています。詳細は以下から。

SketchBookのアイコン

 米Autodesk Inc.は2018年08月、6800円または4.99ドル/月で提供していたクロスプラットフォーム対応のスケッチツール「Autodesk SketchBook」無償化し、2019年には体験版を廃止しAutodeskアカウントでのログインなしで利用できるようになりましたが、現地時間2019年11月05日にリリースされたバージョン 5.1.0では、ついにスプラッシュ画面も廃止されました。

Autodesk SketchBook スプラッシュ画面

バージョン 5.1.0

  • 起動時に表示されていたスプラッシュ画面を廃止しました。これにより、ログインする必要がなくなり、ログインのオプションも表示されなくなりました。
  • 注: SketchBook Pro (エンタープライズ版)のユーザではなく、Autodesk Account を作成している場合は、これを削除して構いません。この操作を行う場合の詳細については、「Autodesk Account を削除する」を参照してください。

Autodesk SketchBook – App Store

 スプラッシュ画面の廃止はmacOS/Windows版も同じで、これによりアプリを起動して直ぐにアイデアを描き始めることができるので、ペンタブやApple Pencilをお持ちの方は試してみてください。

Autodesk SketchBook for Mac