macOS 10.15 Catalinaでは起動できなくなった32-bitアプリを「未対応のアプリケーション」として検出/削除することが可能に。

スポンサーリンク

 macOS 10.15 Catalinaでは起動できなくなった32-bitアプリを「未対応のアプリケーション」として検出/削除することが出来ます。詳細は以下から。

System Information

 Appleは現地時間2019年10月07日にリリースした「macOS 10.15 Catalina」で32-bitアプリのサポートを終了し、システム情報アプリに32-bitアプリをリストアップするレガシーソフトウェア項目やインストーラーに32-bitアプリの警告機能などを付けていますが、macOS CatalinaではmacOS 10.12 Sierraから導入されたストレージの最適化機能Optimized Storageの管理パネルに「未対応のアプリケーション」タブが追加されています。

提供していただいたmacOS 10.15 Catalinaで動かなくなった32-bitアプリ

 管理パネルはAppleメニューの[このMacについて]から「ストレージ」タブを表示し「管理」ボタンをクリックするか、以下のシステム情報アプリから[ウィンドウ]メニュー → [ストレージの管理]からアクセス可能で、

Optimized Storageのストレージの管理

/System/Applications/Utilities/System Information.app

macOS 10.15 Catalinaのストレージの管理パネルには[書類]に[未対応のアプリケーション]項目が追加され、ここから32-bitアプリを確認、必要なければ削除してストレージのスペースを開けることができるので、Catalinaにアップグレードされた方はチェックしてみてください。

未対応のアプリケーション

スポンサーリンク

おまけ

 アプリの削除はゴミ箱を介せずに行われるので、削除後にもとに戻すことは出来ません。

レガシーソフトウェアを削除