Apple、macOS 10.15 CatalinaでMac OS X 10.4 Tigerで導入したWebベースのウィジェットを表示できる「Dashboard」機能を廃止。メモはスティッキーズへ。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS 10.15 Catalinaで2005年にリリースしたMac OS X 10.4 Tigerで導入し、macOS 10.14 Mojaveまでメンテナンスを続けてきた「Dashboard」を廃止しました。詳細は以下から。

ダッシュボード

 Appleは本日、32-bitアプリやiTunesを廃止したmacOS 10.15 Catalinaをリリースしましたが、このmacOS CatalinaではAppleが2005年にリリースしたMac OS X 10.4 Tigerで導入したHTMLやCSS、JavaScriptベースのウィジェットを表示して情報を素早く確認できる「Dashbaord(ダッシュボード)」も廃止されています。

Dashboard

macOS 10.14 MojaveのDashboardオーバーレイ表示

 Appleは現在のところサポートページなどを案内していませんが、macOS 10.15 Catalina GMまでにDashboardのメモ・ウィジェットに残されたメモは、macOSのデフォルトアプリであるスティッキーズへインポートするように機能が追加されており、

macOS 10.15 CatalinaでDashboardからインポートされたメモ

株価はmacOS 10.14 MojaveでiOSから移植された株価アプリが代行アプリとして利用でき、Dashboard廃止に伴いシステム環境設定の[Mission Control]パネルに用意されていた「Dashboard」のオフ/操作スペースとして表示/オーバーレイ表示、ショートカットのオプションは削除されています。

macOS 10.15 CatalinaのDashboard

コメント

  1. 匿名 より:

    Webクリップすごく便利そうになってミニゲームあったのに…
    時代の流れか