Appleが数年後を目処に、iTunes Storeでの楽曲ダウンロードサービスの終了を検討している?

スポンサーリンク

 Appleが数年後を目処に、楽曲のダウンロードサービス終了を検討しているのではないかという噂が出てきているようです。詳細は以下から。

iTunes-Hero-logo-icon

 音楽配信サービスなどのニュースを取り扱っているDigital Music Newsの記事によると、Appleが2年後(または”not on if, but when”)を目処にiTunes Storeでの音楽ダウンロードサービスの終了を検討しているという情報が寄せられているそうです。

Apple is now preparing to completely terminate music download offerings on the iTunes Store, with an aggressive, two-year termination timetable actively being considered and gaining favor. According to sources to Digital Music News with close and active business relationships with Apple, discussions are now focused “not on if, but when” music downloads should be retired for good.

Apple Terminating Music Downloads ‘Within 2 Years,’ Sources Say

スポンサーリンク

終了の理由は?

 ダウンロードサービス終了の理由として、楽曲のダウンロード販売の売上がここ数年減少傾向にあることが挙げられており、Music IndustryのMark Mulliganさんによれば、iTunesでの売上は2012年の39億ドルをピークに減少し、その代わりにストリーミング配信サービス「Apple Music」の売上が増加。

Apple-tuns-off-itunes-store

For Apple, if it continues to grow its subscription business at its current rate, hitting 20 million subscribers by end 2016 and around 28 by end 2017 etc, by 2020 its download business would be tracking to be 10 times smaller than streaming revenue but, crucially, streaming revenue would nearly have reached the 2012 iTunes Store download revenue peak.

After The Download: When Apple Turns Off The iTunes Store | Music Industry Blog

 2020年にはApple Musicの売上がiTunes Storeの最盛期の売上を上回ると予想しており、Digital Music Newsには、Appleは段階的にiTunes Storeでのダウンロード販売を終了していく考えで、tier 1がアメリカやイギリス、ヨーロッパやアジアの一部の国で、その後tier 2, tier 3と広げていくという具体的な情報も出てきているので、興味のある方はDigital Music Newsのレポートへどうぞ。

According to one source, an initial shutdown could take place in ‘tier 1’ countries like the United States, UK, and leading countries in Europe and Asia, with ‘tier 2’ and ‘tier 3’ countries experiencing a staggered shutdown in subsequent years.

Apple Terminating Music Downloads ‘Within 2 Years,’ Sources Say

追記

 AppleのスポークスマンはRecodeに対しこの噂を否定したそうです。

Update: Apple rep Tom Neumayr contacted Recode and said the report that Apple would stop iTunes music downloads in two years is “not true.”

Apple Aiming to End iTunes Music Downloads in Two Years [Update: Apple Says ‘Not True’] – Mac Rumors

コメント

  1. 匿名 より:

    ふざけるな。今まで買った曲はどうするんだよ。

    • 匿名 より:

      今まで買った曲は別でしょう?
      どっかの電子書籍サービスじゃあるまいし、ICloud music もある。
      今後は曲のシングル販売をやめて、iTunesで販売されている曲聞きたかったらApple Musicのサブスクリプション買えってことz。

  2. 匿名 より:

    アメリカやヨーロッパではSpotifyとか流行ってるからいいだろうけど、
    JAS○ACがクソな日本では曲の販売が重要だからどうなるのかね?

  3. 匿名 より:

    個人所有する必要のない時代かなー。
    まあどこかのストリーミング会社のサーバーにはあるだろうからいいんじゃない?
    わざわざ自分のストレージにコピーしてバックアップを持つ必要はないしね。

  4. 匿名 より:

    ストリーミングだったら権利者側が配信止めちゃったら聞けなくなるわけだから、個人のストレージにバックアップをもつ意味は十二分にあると思うけどな。
    既にDL販売で権利者が撤退したりして配信停止して、(だいたいの場合既に買ってる人は再DL出来るとはいえ)新規購入出来なくなってるものをいくつも見てるとそう言う心配をせざるを得ない。

  5. 匿名 より:

    ダウンロードしたかったら別の方法があるし、Appleがやめてもそれほど不都合はないと思う。
    それよりiTunesをなんとかしてくれ。
    コンテンツ管理を全てiTunesに担わせるのはとっくに限界を迎えてるのに。

  6. 匿名 より:

    JASRACには良い面もある
    洋楽はCDの定価が安いのにYouTubeはもちろんMp3からFLACまで大量に違法アップロードされているが、邦楽は動画サイトも少ない

  7. 匿名 より:

    手間は増えるけど、Amazonミュージックもあるし。

  8. 匿名 より:

    ストリーミング配信は無しでダウンロード販売のみの曲あるよね?日本だけなのか?
    最近はmoraで買うからiTunesストアで買ってないけど、ハイレゾの需要が大きいとは思えないしダウンロード販売もすると思うけどなあ。

  9. 匿名 より:

    俺は所有したいなあ。
    再生するたびに課金とかはたとえ安価でも嫌だ。