Macのスリープを一時的に無効にしてくれるアプリ「KeepingYouAwake」がAppleのSandbox/Notarizedセキュリティなどに対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Macがスリープモードに移行するのを一時的に無効にするユーティリティ「KeepingYouAwake」がAppleのSandbox/Runtime/Notarizedセキュリティに対応しています。詳細は以下から。

KeepingYouAwakeのアイコン

 KeepingYouAwakeはドイツのエンジニアMarcel Dierkesさんが2014年に公開したユーティリティアプリで、2010年に更新が終了してしまった「Caffeine」という、MacBookをクラムシェル(リッドクローズ)モードにしてもMacをスリープさせない機能を持ったアプリのクローンアプリですが、このKeepingYouAwakeがv1.5.0アップデートでAppleの複数のセキュリティ機能に対応しています。

KeepingYouAwakeのメニューバー

1.5.0: Sandboxed, Hardened & Notarized

  • added an Updates tab to Preferences (#107)
  • enabled the Hardened Runtime security feature (#111)
  • enabled the App Sandbox security feature (#112)
  • Start at login uses a launcher helper app now (#110)
  • updated Sparkle to the ui-separation-and-xpc version (#109) (#113)

newmarcel/KeepingYouAwake: Prevents your Mac from going to sleep. – GitHub

 KeepingYouAwake v1.5.0アップデートでは、アプリのSandbox化やmacOS 10.14 Mojaveから導入されたRuntimeNotarizedセキュリティで、これによりKeepingYouAwakeはAppleのGatekeeperの制限なく利用できるようになっています。

KeepingYouAwakeがAppleのSandboxとNotraizedに対応

 また、KeepingYouAwake v1.5.0ではSandboxに対応するために、“Start at Login”機能のハンドリングが変更され、再設定が必要となっているので、ユーザーの方はWikiをチェックしてみてください。