Apple、Windows 7~Windows 10 Spring 2018 Update向けに複数の脆弱性を修正した「iCloud for Windows 7.7」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがWindows 7~Windows 10 Spring 2018 Update向けに複数の脆弱性を修正した「iCloud for Windows 7.7」をリリースしています。詳細は以下から。

iCloudのアイコン

 Appleは現地時間2018年10月08日、iOSデバイス向けにiPhone XSシリーズでバッテリーが充電できない問題やBluetoothの不具合などを修正したiOS 12.0.1リリースしましたが、Windows向けにもWebKitなどの脆弱性を修正した「iCloud for Windows 7.7」を新たにリリースしています。

iCloud for Windows v7.7のリリースノート

iCloud for Windows 7.7
この更新は、iCloud for Windows のセキュリティを改善するもので、すべてのユーザーに推奨されます。
iCloud for Windows 7.7 の必要条件:

  • Microsoft Windows 7 ~ Windows 10 Spring 2018 Update
  • Outlook 2007 以降または iCloud.com (メール、連絡先、カレンダー用)
  • Internet Explorer 10 以降、Firefox 30 以降、または Google Chrome 28 以降(ブックマーク用)

詳しくは、iCloud のシステム条件を参照してください。
この更新のセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

リリースノートより

 iCloud for Windows 7.7ではCVEベースで19件のWebKitの脆弱性が修正されている他、iCloud for Windows 7.6では「Microsoft Windows 7 以降」となっていたシステムの必要条件に「Windows 10 Spring 2018 Update」という条件が追加されています。

スポンサーリンク

追記

 AppleのサポートサイトによるとiCloud for Windows 7.7はWindows 10 Spring 2018 Update以降のWindows 10には適用できなくなっているそうです。

iCloud for Windows 7.7

iCloud for Windows 7.7 and later requires Microsoft Windows 7 through Windows 10 April 2018 Update, Outlook 2007 or later, or iCloud.com (for Mail, Contacts, Calendar); and Internet Explorer 10 or later, Firefox 30 or later, or Google Chrome 28 or later (for Bookmarks).

Download iCloud for Windows