Apple、Intelligent Tracking Prevention 2.0やパスワードの使い回し警告をサポートした「Safari Technology Preview v59」をリリース。

スポンサーリンク

 Apple、Intelligent Tracking Prevention 2.0やパスワードの使い回し警告をサポートした「Safari Technology Preview v59」をリリース。ます。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間2018年06月20日、次期macOS 10.14 MojaveやiOS 12に同梱される「Safari v12」で採用予定の機能を搭載したプレビュー版SafariSafari Technology Preview(以下STP) v59」をリリースしたと発表しています。

Jun 20, 2018 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 59 is now available for download for macOS High Sierra and the beta of macOS Mojave. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab on macOS High Sierra and in the Software Update pane of System Preferences on macOS Mojave. This release covers WebKit revisions 232108-232790.

Release Notes for Safari Technology Preview 59 | WebKit

スポンサーリンク

STP v59の新機能

 AppleのRicky Mondelloさんによると、STP v59ではWWDC 2018で発表されたユーザーの閲覧履歴などのトラッキングを防止するIntelligent Tracking Prevention 2.0Web Animationsがサポートされたほか、Service Workers、WebRTCなどの機能が改善され、

「iCloud Keychain Password Manager」の機能の1つとして、1Passwordなどサードパーティ製パスワードマネージャーでもよく見かける、パスワードの使い回しに対して警告が表示されるようになっており、使い回しているパスワードがある場合はSTPの設定ウィンドウ → [パスワード]タブで⚠アイコンが表示され、

change a password that is reused

iCloud Keychain Password Manager
Added support for loading https://example.com/.well-known/change-password when a user indicates they’d like to change a password that is reused in Safari’s Passwords preferences, falling back to loading example.com if that load fails

Release Notes for Safari Technology Preview 59 | WebKit

このアイコンを押すとポップアップに「いくつのサイトでパスワードが利用されているか?」、「そのサイトはどこか?」が表示され、[Change Password…]をクリックするとそのWebサイトが開き、パスワードを変更できるようになっています。

 STP v59はmacOS 10.13 High SierraおよびmacOS 10.14 Mojave betaで利用できるので、興味のある方は試してみてください。