Apple、Safariやファームウェア、BridgeOSを含んだ「MacBook Air (2018)向けmacOS Mojave 10.14.1追加アップデート」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがSafariやファームウェア、BridgeOSを含んだ「MacBook Air (2018)向けmacOS Mojave 10.14.1追加アップデート」をリリースしています。詳細は以下から。

MacBook Air (Retina, 13-インチ, 2018)のアイコン

 Appleは現地時間2018年11月07日、Intelの第8世代CoreプロセッサやRetinaディスプレイ、Thunderbolt 3、Touch IDなどを搭載した新しいMacBook Air (Retina, 13inch, 2018)の発売を開始しましたが、このMacBook Air向けに「macOS Mojave 10.14.1追加アップデート」が新たにリリースされています。

macOS Mojave 10.14.1追加アップデート for MacBook Air (Retina, 13inch, 2018)

The macOS Mojave 10.14.1 Supplemental Update improves the stability and reliability of MacBook Air (2018) computers and is recommended for all users.For detailed information about the security content of this update, please visit: https://support.apple.com/kb/HT201222

Download macOS Mojave 10.14.1 Supplemental Update for MacBook Air (2018) – Apple

 Appleは現在、このアップデートについてのセキュリティノートを公開していませんが、公開されたパッケージ内を確認したところSafariやメールアプリ、APFSやApple T2用OS「BridgeOS」のアップデートが含まれていたので、ユーザーの方はmacOS Mojaveのシステム環境設定か、以下のリンクをチェックしてみてください。

  • APFS
  • BridgeOS
  • Safari v12.0.1 Build 14606.2.104.1.1
  • Mail v12.1 Build 3445.101.1