50種類以上の環境音や周辺ノイズを再生してくれるアプリ「Dark Noise for Mac」のBeta版が公開中。

スポンサーリンク

 50種類以上の環境音や周辺ノイズを再生してくれるアプリ「Dark Noise for Mac」のBeta版が公開されています。詳細は以下から。

Dark Noise for Mac

 Dark Noiseシリーズは米Stitch FixのCharlie ChapmanさんがiPhone/iPad向けに開発しているアプリで、雨の音や川のせせらぎ、キャンプファイヤーや暖炉で木が燃える音、車や飛行機、電車の音など環境音や周辺ノイズを再生し、ユーザーの集中力を高めてくれる効果がありますが、このDark NoiseのMac版が現在開発中だそうです。

Dark Noise for Mac design

Dark Noise is coming to the Mac! The sleek UI and large selection of ambient sounds you know and love are now easier than ever to use while you work.

YouTubeより

 Dark Noiseは現在iOS/iPadOS版がApple M1チップを搭載したMacで利用できますが、Dark Noise for MacのBeta版はIntelとApple Silicon MacをサポートしたUniversal 2 Binaryとなっており、UIがmacOSに最適化され、複数のテーマが用意されています。

Dark Noise for Macのテーマ

 また、Mini Playerモードやショートカットキー、iCloudを利用したFavoritesやMix Soundの同期、ウィジェット機能なども用意されています。Dark Noiseの価格は1,220円ですが、Mac版はiOS/iPadOS版の購入で利用できるユニバーサル購入の対象になる予定で、Beta版はGitHubリポジトリに公開されており全て無料で体験できるので、興味のある方は試してみてください。