Appleがリリースした「macOS Mojave 10.14 beta 11 Build 18A389」がBeta扱いになっておらず、BAU経由でダウンロードするとBeta 10がダウンロードされるので注意を。

スポンサーリンク

 Appleがリリースした「macOS Mojave 10.14 beta 11 Build 18A389」がBeta扱いになっておらず、Beta Access Utility経由でダウンロードするとBeta 10がダウンロードされるそうです。詳細は以下から。

macOS Mojaveのアイコン

 Appleは現地時間2018年09月12日、日本時間09月25日にリリースするMac用OS「macOS 10.14 Mojave」のBeta版となるmacOS Mojave 10.14 beta 11 Build 18A389を公開しましたが、このアップデート公開後何人かのMacアプリの開発者が騒いでいたので確認したところ、AppleはBeta 11のインストーラー・アプリを公開していないそうです。

 確認したところ、Appleの「Beta Access Utility」アプリを経由してMac App Storeから最新のmacOS Mojave betaのインストーラーをダウンロードするとDeveloper Beta 10のBuildより古い「Build 18A383a」がダウンロードされ、macOS Mojaveのシステム環境設定アプリから[ソフトウェア・アップデート]パネルを開いてBeta 11をダウンロードしなければ最新のBeta版がダウンロードできない状態となっていました。

 TwitterやRedditでは同様の問題が確認がされており、Beta 11は既にGM候補となっているのではないかと予想されていますが、Macアプリを開発されている方は最新のBeta版をダウンロードしたと勘違いし、開発しているアプリの動作確認を古いBeta版で行っている可能性があるので注意してください。

macOS 10.14 Mojaveのシステムアップデート

スポンサーリンク

おまけ

 AppleでmacOS/iOSのInstall & Setup QA Teamのメンバーとして働いているJared Jonesさんはこの問題に対し、macOS Mojaveのシステム環境設定の[ソフトウェア・アップデート]パネルを開くopenコマンドをツイートしています。