JPEG/WebP圧縮の改善やPNG/GIFの圧縮速度を向上させたMac用画像圧縮ツール「Optimage v2.2」がリリース。

スポンサーリンク

 JPEG/WebP圧縮の改善やPNG/GIFの圧縮速度を向上させたMac用画像圧縮ツール「Optimage v2.2」がリリースされています。詳細は以下から。

Optimage v2のアイコン

 ロシアのデザイナーでSketch用プラグインなどを開発しているVlad Danilovさんは現地時間2018年09月07日、自身が開発している画像圧縮ツールOptimageの最新バージョンとなる「Optimage v2.2.0」をリリースしたと発表しています。

Optimage - Advanced image optimization tool

 Optimage v2.2.0のリリースノートは以下の通りで、非可逆圧縮JPEGやPNG、WebP圧縮の改善やPNGやGIFファイルの圧縮速度が向上されており、Googleで画像圧縮の研究をされているJyrki Alakuijala(@jyzg)さんのGuetzli画像データなどを利用して行ったベンチマークでは、ImageOptimGuetzliJPEGmini、TinyPNG、Squash、Google PhotosなどMac用画像圧縮ツールの中で総合的に最も良いスコアとなっているそうなので、興味のある方は利用してみてください。

The following tools were tested on PNG test corpus by Cédric Louvrier and Guetzli photo dataset (converted to JPEG at highest quality) by Jyrki Alakuijala.

The Optimage Benchmark

Optimageは通常価格15ドルですが、Free版でも1日24枚の画像圧縮制限で利用できます。
スポンサーリンク

リリースノート

New in Optimage 2.2.0

  • Significantly improved lossy JPEG compression
  • Significantly improved PNG compression speed and density
  • Improved lossy PNG compression
  • Improved optimization speed for large GIF files
  • Improved WebP compression
  • Improved ICNS compression by preserving previous PNG optimizations
  • Improved image quality estimation
  • Implemented Grayscale to sRGB conversion
  • Fixed block artifacts in low-quality JPEG images
  • Fixed conversion to sRGB for some wide-gamut and untagged images
  • Fixed report not updating when images removed
  • Fixed images not processed on volumes without Trash
  • Fixed GIF file size increase in some cases
  • Ensured invalid ICC profiles are always stripped
  • Removed auto-reset when adding new images
  • Minor UI improvements and bug fixes