オープンソースのmacOSアプリケーション用アップデート・フレームワーク「Sparkle 2.0.0」がリリース。

スポンサーリンク

 オープンソースのmacOSアプリケーション用アップデート・フレームワーク「Sparkle 2.0.0」がリリースされています。詳細は以下から。

Sparkle Test App

 Sparkleは元AppleのAndy Matuschakさんが2006年に公開したオープンソースのmacOSアプリケーション用のアップデート・フレームワークで、現在もMac App Store外で公開されている多くのアプリで利用されていますが、このSparkleのメジャーアップデートとなる「Sparkle 2.0.0」が正式にリリースされています。

Sparkle 2.0.0

Sparkle 2.0.0

  • Support for Sandboxed Applications (Zorg)
  • Support for writing custom user interfaces (Zorg)

リリースノートより抜粋

 Sparkle 2は新たにSandboxedアプリやカスタムインターフェイスのサポートに加え、v1.25.0-rc1から進められていたSwift Package Managerでの管理も可能になっているので、利用されている開発者の方はチェックしてみてください。

Sparkle 2.0.0

システム要件はOS X 10.9 MavericksからOS X 10.11 El Capitan以上に引き上げられています。