Serif、AffinityシリーズのMac用DTPアプリ「Affinity Publisher」のPublic Betaユーザー登録を開始。

スポンサーリンク

 Serif LabsがAffinityシリーズのMac用DTPアプリ「Affinity Publisher」のPublic Betaユーザー登録を開始しています。詳細は以下から。

Affinity Publisher

 イギリスのソフトウェア会社Serif Labsは現地時間2018年07月13日、Mac/iPadに対応したグラフィックスアプリ「Affinity Designer/Photo」に続き、Affinityシリーズ3作目となる「Affinity Publisher」のPublic Beta版を近く公開すると発表しています。

Affinity Publisherベータ版 – 今すぐご登録ください!
当社は、Affinityシリーズの構想を練っていた最初期の頃から、どんなアプリにも負けない洗練された3種類の最新アプリ、つまり、 最先端のテクノロジーで動作する超高速で一切の無駄を排した高機能アプリ を計画していました。
無料のパブリックベータ版の提供を8月末までに開始する予定です。利用開始時期のお知らせをいち早く受け取るには、今すぐニュースレターに登録してください。

Affinity Publisherがリリース間近 – Affinity

 Affinity PublisherはAdobe InDesignのようなDTPアプリで、昨年12月にSneak Peek動画が公開されていましたが、現在はPublic Beta版をリリースする段階まで来ており、AffinityシリーズのプロダクトマネージャーAshley Hewsonさんによると、

既に07月11日より発売を開始したAffinity Designer for iPadのパンフレットを作成できるぐらいの完成度で、同日に開催したメディア向けにイベントの中ではライブプレビューやスマートフォトフレーム、タイポグラフィ、マスターページの作成などの機能が紹介されているので、興味のある方は以下の動画(27分~)のチェック及びPublic Betaのユーザー登録をしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    まあ、日本では確実に使いものにならないと思います。日本語組版できないんじゃ、意味ないよ。

  2. 匿名 より:

    DesignerもPhotoもイラレとフォトショの代替には程遠いから、
    頑張って改良拡張していってほしい。

  3. 匿名 より:

    >>Adobe InDesignのようなDTPアプリ

    海外でも、中小出版会社、印刷屋さんで使われている業界標準はInDesign
    しかも大体は金欠で不景気だし・・・雇ってるのはリモートワークなパートさんで、そちらの方は更にカツカツ・・・あとはお察しください

    でも他に儲かってるところが採用するだろうから、頑張ってほしい。

  4. 匿名 より:

    腐りきっていてもアドビには何十年の実績があるから
    そうそう簡単には追いつけないと思うけど
    アドビは大嫌いだから是非とも頑張ってほしいな