Affinity Photo/Designer for MacがMetal 2や明るいUI、スタイラスペンなどの軌跡安定化機能をアップデートで追加。

スポンサーリンク

 Serif LabsがAffinity Photo/Designer for Macをアップデートし、Metal 2や明るいユーザーインターフェース・オプションを追加しています。詳細は以下から。

Affinity Photoのアイコン。

 WindowsやMac/iPad向けのデザイン/写真編集アプリ「Affinity」シリーズを開発している英Serif Labsは現地時間2017年11月01日、Affinity PhotoおよびDesigner for Macをv1.6.1およびv1.6へアップデートし、High SierraでのMetal 2アクセレーターやブラシなどの軌跡安定化機能を追加しています。

We are thrilled to announce that both Affinity Photo and Affinity Designer have just received a fantastic new update. And to celebrate for the next two weeks we are giving away a huge bundle of creative content free with every purchase! Our apps continue to push the boundaries of professional creative software and this latest update raises the bar once again with a huge performance boost making them faster, smoother and more powerful than ever.

リリースノートより

スポンサーリンク

Affinity Photo

 画像編集アプリのAffinity Photoは既に発表していた通り、明るい(Light UI)モードをサポートし、macOS 10.13 High SierraでMetal 2アクセレーションやAppleの写真アプリとの統合もサポートした他、

Affinity PhotoのLight UI

Hej Stylus!や最近ではAdobe Photoshop CCでもサポートが発表された鉛筆およびブラシツールでマウスポインタとの間にBufferを持たせることでブラシのストロークを安定させる機能が追加されています。

Affinity Photo v1.6.6のリリースノート

  • 軽量な明るいユーザーインターフェイスを選択できる新しいオプション
  • すべての鉛筆およびブラシツールに対応するストローク安定化の新機能
  • 新たなアプリ内編集機能によるApple Photosとの統合
  • macOS High Sierra向けに最適化されたMetal 2アクセラレーションによる表示
  • ビューのパン/ズームのパフォーマンスが向上
  • 大きなドキュメントでのパフォーマンスが向上
  • 最近使用したもの、使用されているもの、お気に入りをすぐに選べる新しいフォント選択用ドロップダウン
  • 新しいグリフブラウザ
  • キーアイテムを基準とした位置合わせ
  • テキストフレームの垂直方向整列オプション
  • フレームをテキストに合わせて調整
  • カスタムブラシによるウェットエッジ
  • 標準から逸脱した要素のスタッキングモード
  • Photoshopプラグインのサポート強化
  • ライブフィルタのパフォーマンス向上
  • マルチストップのグラデーションのベクターエクスポートなど、PDFのエクスポートに関する多数の改良
  • 数々の不具合修正とその他の改良

Affinity Designer

 Affinity Designer v1.6もPhotoと同様に明るい(Light UI)モードをサポートし、macOS 10.13 High SierraでMetal 2アクセレーションの他、新しいフォント選択用ドロップダウンやグリフブラウザが採用されています。

フォント選択用ドロップダウン

バージョン 1.6 の新機能

  • 軽量な明るいユーザーインターフェイスを選択できる新しいオプション
  • すべての鉛筆およびブラシツールに対応するストローク安定化の新機能
  • macOS High Sierra向けに最適化されたMetal 2アクセラレーションによる表示
  • 最近使用したもの、使用されているもの、お気に入りをすぐに選べる新しいフォント選択用ドロップダウン
  • 新しいグリフブラウザ
  • ビューのパン/ズームのパフォーマンスが向上
  • 大きなドキュメントでのパフォーマンスが向上
  • キーアイテムを基準とした位置合わせ
  • テキストフレームの垂直方向整列オプション
  • フレームをテキストに合わせて調整
  • マルチストップのグラデーションのベクターエクスポートなど、PDFのエクスポートに関する多数の改良
  • “すべてロック解除”および”すべて表示”のコマンドを追加
  • 数々の不具合修正とその他の改良

コメント

  1. 匿名 より:

    本格的に使うのであれば圧倒的に値段も安いAffinity Photoのがいいな