定額制Macアプリ使用サービス「Setapp」にプロトタイプツール「Sketch」も利用可能なProプランが登場?

シェアする

スポンサーリンク

 定額制Macアプリ使用サービス「Setapp」にプロトタイプツール「Sketch」も利用可能なProプランが登場するかもしれません。詳細は以下から。

定額制アプリ配信サービス「Setapp」のアイコン。

 Appleは現地時間2018年06月04日から米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催しているWWDC 2018の基調講演において、次期macOS 10.14 MojaveでMac App Storeを刷新し、MicrosoftやAdobeがOffice 365やLightroom CCを来年にもMac App Storeでリリースすると発表しましたが、

macOS 10.14 MojaveのMac App Store

定額制のMacアプリ利用サービス「Setapp」を提供している米&ウクライナのソフトウェア会社MacPaw Inc.も同時に、Setappを数ヶ月の間に再設計すると共に、Sketchアプリが利用できるProプラン(バージョン?)が公開されるというSneak Peek画像を公開しています。

Setappの2018年アップデート

 Sketchアプリは英Bohemian Codingが開発&販売を行っているMac用プロトタイプツールで、AppleのMac App Storeはアップデートのレビューに時間がかかり、アップグレード価格も提示できないためユーザーのためにならないとして、2015年にMac App Storeから撤退しましたが、

Sketch on Setapp Pro

それでも、Macのプロトタイプツールとしてのシェアは大きく、AppleもApple UI Design ResourcesなどのリソースファイルをAdobeとSketchファイルで提供するほどなので、SetappのサブスクリプションにSketchが含まれることを望んでいるユーザーは多そうです。