iOS 11ではApp Storeアプリが刷新。Todayタブが追加されゲームカテゴリが独立。

スポンサーリンク

 iOS 11ではApp Storeアプリが刷新され、日付別のおすすめアプリ表示を表示する「Today」タブやゲームカテゴリの独立などがされています。詳細は以下から。

iOS 11のApp Storeアイコン

 Appleは本日、iOS 11を正式にリリースしましたが、iOS 11ではWWDC 2017でも発表された通り、App Storeのデザインが刷新され、新たに「Today」や「ゲーム」のタブ、新機能を素早くチェックできるアプリページ、アルゴリズムを刷新した検索機能などが利用できるようになっています。

iOS 11のApp Store

美しく再設計されたApp Storeはオリジナルのストーリーや記事が満載で、毎日更新される新登場のTodayタブのほか、同じく新登場の「ゲーム」タブと「App」タブにも掲載されます。[..]2008年のオープン以来、App Storeからダウンロードされたアプリケーションの累計本数は1800億を超えると同時に、Appleがデベロッパに対して支払った金額は700億米ドルを上回るなど、App Storeは世界で最も活気あふれるソフトウェアの市場となっています。

Apple、刷新されたApp Storeを公開 – Apple

スポンサーリンク

新しいタブ

 iOS 10のApp Storeアプリでは「おすすめ」, 「カテゴリ」, 「ランキング」, 「購入済み」, 「アップデート」の5つのタブが表示されていましたが、iOS 11のApp Storeアプリでは「Today」, 「ゲーム」, 「App」, 「アップデート」, 「検索」の5つになり、新たに「Today」タブが追加され、カテゴリから「ゲーム」のカテゴリが独立しています。

iOS 11と10のApp Storeタブ

Todayタブ

WWDC 2017で説明された通り、新しいApp Storeの「Today」タブは、ユーザーの生活を変えるような独創的なアプリ、定番アプリのアップデート、アプリの利用方法、開発者インタビューやアプリの特集記事、今日のゲーム/AppなどAppleのApp Storeチームが編集を担当した記事のランディングページが表示され、1週間各曜日の記事が見れるようになっています。

iOS 11のApp StoreのTodayページ

ゲーム/Appタブ

iOS 11のApp Storeアプリでは、App Storeで最もユーザーに人気があり、約50万本以上のアプリが公開されているゲームカテゴリが独立し、App Storeエディタのオススメや定番アプリのアップデート、エディタがプレイしているアプリ、ランキング、ゲームアプリ内でのカテゴリ分け(子供向けやアクション、パズルなど)が表示されるようになっています。

iOS 11のApp Storeのゲームタブ

AppタブはiOS 11と同様にエディタのおすすめアプリや隠れたおすすめアプリ、新着、最近アップデートした定番アプリが表示され、ランディングページに表示されているアプリの動画サムネイルは自動的に再生されるようになっています。各アプリは全24カテゴリーに分類され、コレクションや、カテゴリーごとのランキングチャートもこれまで通りチェックすることが可能です。

iOS 11のApp StoreのAppタブ

Appページ

 iOS 11のApp Storeではアプリの個別ページのデザインも変更されており、アプリのアイコン、カスタマー評価、アプリの購入&ダウンロード、シェアボタンはトップのままですが、次にアプリの「新機能」が表示されるようになっており、アップデート日や各バージョンでの変更履歴などがすぐにチェックできるようになりました。

iOS 11と10のApp Storeの個別ページ

また、開発者がAppページに設定できるアプリのプレビュー動画は、今までの1つから最大3つまでに増えている他、これまで通り各国ごとにスクリーンショットを最大5枚までアップロードすることが出来るようになっています。