Appleのイベント動画を視聴できるMac用アプリ「Apple Events for macOS」がWWDC 2018の基調講演に対応。

スポンサーリンク

 Appleのイベント動画を視聴できるMac用アプリ「Apple Events for macOS」がWWDC 2018の基調講演に対応しています。詳細は以下から。

Appleのスペシャルイベントを視聴できる「Apple」イベントアプリ。

 Apple Events for macOSはApple非公式のMac用WWDCアプリ「WWDC for macOSを開発しているブラジルのGuilherme Ramboさんが公開しているApple TVのApple EventsチャンネルをMacでも視聴できるようにしたアプリですが、このApple Eventsがv1.1アップデートでWWDC 2018の基調講演に対応しています。

Apple Events for macOS

Ready for WWDC 2018.

リリースノートより

 Appleは現地時間(PDT)06月04日午前10時、日本時間(JST)05日午前02時からWWDC 2018の基調講演ストリーミング配信すると発表しており、macOS/iOS/tvOS/Windowsデバイスでも視聴可能となっているので、あまり需要はないかもしれませんが、興味のある方は利用してみてください。

Apple Events for macOSがWWDC 2018に対応