Apple、WWDC2018の基調講演を日本時間2018年6月5日午前2時から開催。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがWWDC 2018の基調講演を日本時間2018年06月5日午前2時から開催すると発表しています。詳細は以下から。

WWDC 2018 logo

 BloombergのMark Gurmanさんらによると、Appleはアメリカのカリフォルニア州で現地時間2018年06月04日 ~ 08日にかけて開催する世界開発者会議WWDC 2018の基調講演を現地時間(PDT)06月04日午前10時、日本時間(JST)05日午前02時から開催することを各メディアに通知したそうです。

You’re invited to the keynote address at our annual Worldwide Developers Conference. Please join us on June 4, 2018, at 10:00 a.m. San Jose McEnery Convention Center 150 W San Carlos St, San Jose, CA

Twitterより

 基調講演の会場は米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンター (McEnery Convention Center)で、この基調講演では次期macOS 10.14やiOS 12, tvOS 12, watchOS 5そしてSiriやHomePodの新機能やアップデートの発表が行われると予想されており、新しいハードウェアについての発表はあまり期待されていませんが、

WWDC 2018 Backgound

Last year Apple’s WWDC opening keynote also included the launch of new MacBook Pros and iMacs as well as a preview of the iMac Pro and HomePod. Hardware expectations this year are slim with a Retina 13-inch MacBook rumored for later in the year, but we’ll find out more in a few short weeks.

Apple invites press to WWDC 2018 keynote, iOS 12 and macOS 10.14 unveil expected – 9to5Mac

iPhone 8/XとAirPods, Apple Watchを同時にワイヤレス充電できるAirPowerの発売日やQi対応のAirPodsケースの発表や、開発が噂されている13インチ Retina MacBookやiMac/MacBook Proのリフレッシュなどが発表されるかもしれません。