iOSシミュレータの操作を録画しSlackやGitHubなどで共有できるMacアプリ「RocketSim」がSketchやFigmaで作成したイメージソースとの比較機能をサポート。

スポンサーリンク

 iOSシミュレータ上の操作を録画しSlackやGitHubなどで共有できるMacアプリ「RocketSim」がSketchやFigmaなどのイメージソースとの比較とTouch操作の録画をサポートしています。詳細は以下から。

RocketSim

 RocketSim for Xcod‪e‬はAntoine van der Leeさんが開発している開発者向けのユーティリティアプリで、iOSシミュレータの画面や操作を録画しSlackやGitHubなどで共有できるようGIFやMP4形式で書き出してくれる機能がありますが、このRocketSimがデザインを比較できるRocketSim Compare機能を搭載した「RocketSim for Xcod‪e‬ v4.0」をリリースしています。

RocketSim Compare

Introducing RocketSim Compare

  • Compare designs from Sketch, Figma, or any source directly in the simulator. Use the overlay mode to find out which pixels need to be adjusted or compare using the slider.

Create professional recordings

  • The new recording window makes it even easier to start a recording.Touches allow you to describe exactly what your app is doing.

リリースノートより

 RocketSim CompareはiOSシミュレータ上にデザイナーが作成したモックアップ画像のレイヤーを被せて実際に開発したiOSアプリとのデザインを比較できる機能で、SketchやFigmaなどのモックアップ/デザインツールから出力したイメージソースをペースト/ドラッグ&ドロップして、OverlayまたはSplit View表示で比較することができます。

 また、Pro機能の1つとして新たに、iOSシミュレータ上にタッチする場所を伝えるポインター(影)を表示して画面を録画することが可能となっています。RocketSimはこれまで3.99ドルの有料アプリでしたがv3.0でアプリ内課金のサブスクリプション制が採用され

RocketSim Compare機能は無料でも10デザインまで比較可能で、年額1,730円(5.99ドル)または月額250円(13.99ドル)でRocketSim Proへアップグレードすれば、タッチ操作の録画やWatermarksの削除ができるようになっているので、興味のある方は試してみてください。

RocketSim Pro