WWDC 2014会場で撮影されたOS X 10.10(Yosemite?)が搭載されているiMacの写真。

シェアする

スポンサーリンク

 WWDC 2014会場に入ったLance UlanoffさんによるとKeynote用のiMacにOS X 10.10らしきOSがインストールされているそうです。


20140602_OS-X-Ten2
(クリックで拡大)

 PCMagのエディタ Lance UlanoffさんのツイートによるとWWDC 2014の基調講演会場にはデモ用iMacが2台用意されており、次世代OS Xがインストールされているようで、DockはiOS 7のBlur(磨りガラス)の様になっており、一部のアプリのアイコンも丸くなっているようです。

20140602_OS-X-10-10-Dock
iOS風のアイコンになりFinder, iTunes, App Store, ゴミ箱あたりは大きく変わりそうです。

ツイート


[2014/06/03] :誤字修正、過失しました。


コメント

  1. Apple7743 より:

    ウェイ

  2. Apple7743 より:

    「インスト―す」になってますよ。

  3. Apple7743 より:

    Yosemiteの壁紙かっこいいな

  4. Apple7743 より:

    絶対Big Surが来ると思ったんだが大外れだわ
    やっぱ分かりやすい写真が撮れないとダメか