Apple、日本時間6月14日午前2時から行われるWWDC 2016の基調講演をライブ配信すると発表。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが日本時間6月14日午前2時から行われるWWDC 2016の基調講演をライブ配信すると発表しています。詳細は以下から。

WWDC-2016-Mac-iPhone-AppleTV

 Appleが新たに開設した特設サイトによると、Appleは現地時間6月13日午前10時(日本時間 6月14日午前2時から)に行われるWWDC 2016の基調講演の様子をライブ配信すると発表しています。ライブ配信は以下のデバイスで視聴可能となっており、

  • iOS 7.0以上が搭載されたiPhone, iPad, iPod touchのSafari
  • Safari 6.0.5以上がインストールされたOS X v10.8.5 Mountain Lion搭載のMac
  • Windows 10が搭載されたPCのMicrosoft Edgeブラウザ
  • Apple TV software 6.2が搭載された第2, 第3世代 Apple TV
  • 第4世代 Apple TV(tvOS搭載)

Requirements: Live streaming uses Apple’s HTTP Live Streaming (HLS) technology. HLS requires an iPhone, iPad, or iPod touch with Safari on iOS 7.0 or later, a Mac with Safari 6.0.5 or later on OS X v10.8.5 or later, or a PC with Microsoft Edge on Windows 10. Streaming via Apple TV requires an Apple TV (2nd or 3rd generation) with software 6.2 or later or an Apple TV (4th generation).

Apple Events – Apple Event – WWDC Keynote June 2016 – Apple

 特設サイトではカレンダーアプリ用の.icsファイルも配布しているので(基調講演の予定時間は午前2時から午前4時の2時間)、興味のある方は特設サイトへどうぞ。

Apple-WWDC-2016-Special-Event