カラーの調整やメタデータの編集、トリミングなどのワークフローを設定し写真のバッチ処理が出来るMac用アプリ「Retrobatch」のBeta版が公開。

スポンサーリンク

 カラーの調整やメタデータの編集、トリミングなどのワークフローを設定し写真のバッチ処理が出来るMac用アプリ「Retrobatch」のBeta版が公開されています。詳細は以下から。


 RetrobatchはMac App Store Best of 2015を受賞したMac用ベクター・ドロワーアプリ「Acorn」シリーズを開発&販売している米ワシントンのソフトウェア会社Flying Meat Inc.が新たに開発を発表した写真編集アプリで、macOSのワークフローアプリの様に写真を処理するワークフローを設定しバッチ処理(一括処理)を行うことが出来るのが特徴です。

Retrobatchのワークフロー

Flexible
A node based image processor means you can mix, match, and combine different operations together to make the perfect workflow.

Retrobatch, from Flying Meat

 Retrobatchで行うことが出来る処理は50以上で、それぞれがNode化されており、ユーザーはドラッグ&ドロップでNodeをキャンパス上配置しリアルタイムプレビューを見ながら写真の仕上がりを確認することが出来るようになっています。

Retrobatchのキャンパス

 Retrobatchは現在Beta版ですが現在でも以下のNodeを利用することができ、正式リリース後には更に高機能で有料版(2ライセンスで22.99ドル)の「Retrobatch Pro」も公開予定で、14日利用可能なトライアル版が既に公開されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

RetrobatchのNode

  • Read and Write: Clipboard Read and Write, Make Symlinks, PDF Maker, Photos Library, PSD Maker, RAW Process, Read Folder, Write Images.
  • Blur: Box Blur, Gaussian Blur, Noise Reduction.
  • Color Adjustment: Change Color Space, Color Controls, Exposure Adjust, Gamma Adjust, Vibrance.
  • Color Effect: Add Border, Color Invert, Drop Shadow, Grayscale, Matte, Sepia Tone.
  • Generator: Screenshots & Windows.
  • Machine Learning: Classify Images.
  • Metadata: Delete Metadata, Remove GPS, Set DPI, Set General Metadata, Set Specific Metadata.
  • Misc: AppleScript, Change Bits Per Channel, Delay, Extract Depth Data, Layer/Page Splitter, Open In App, Rules, Shell Script, Single Transparent Pixel, Trim To Edges.
  • Photo Effect: Chrome, Fade, Instant, Mono, Noir, Process, Tonal, Transfer.
  • Transform: Crop, Fix EXIF Rotation, Flip, Rotate, Scale.
  • Watermark: Image Watermark, Text Watermark.