iOS用ファイルユーティリティ「Documents by Readdle」がPDFの見開き表示や動画の10秒スキップに対応。

スポンサーリンク

 iOS用ファイルユーティリティ「Documents by Readdle」がPDFの見開き表示や動画の10秒スキップに対応しています。詳細は以下から。

Readdleのファイルマネジメントアプリ「Documents」のアイコン。

 米&ウクライナのソフトウェア会社Readdle Inc.は現地時間2018年04月05日、同社のiOS用ファイルユーティリティ「Documents by Readdle(以下、Documents)」をv6.3へアップデートし、新たにPDF Viewなどをアップデートしたと発表しています。

Documents by readdle v6.3

バージョン 6.3 の新機能
今回のアップデートでは、 Documents の機能がさらに強化され、 PDF ファイルの閲覧性が向上し、クラウド上のファイル管理が便利になり、スマートな mp3 検索が登場します。

リリースノートより

スポンサーリンク

PDF View

 Documents v6.3では新たにPDFファイルの閲覧機能がアップデートされ2ページを並べて表示する「見開き表示」やPDFの背景を黒地およびセピアに表示したり、PDFのページ移動をページ単位または断続的なスクロールのどちらかを選択することが可能になっています。

Documents PDFの表示

メディア

 また、曲のメタデータ検索にも対応し、ID3タグに登録されているアーティスト名やアルバム名、ジャンルなどで曲を抽出することが可能になり、動画再生時は画面の左右をダブルタップすることで10秒巻き戻し/早送りを行うことが出来るようになりました。

 この他、Documents v6.3ではクラウド上のファイル管理機能が向上され、Google DriveやDropboxなどからローカルフォルダへフォルダをドラッグ&ドロップし同期することや、クラウド上のファイルのサムネイル表示、お気に入り追加、ファイルのメタデータ表示が可能になっているので、ユーザーの方はチェックしてみて下さい。