MacやiPhone、iPadに対応したカラム表示が可能なTwitterクライアント「Aviary 2」がリリース。

スポンサーリンク

 MacやiPhone、iPadに対応したカラム表示が可能なTwitterクライアント「Aviary 2」がリリースます。詳細は以下から。

Aviary 2 App Store

 Aviaryは元IBMでSwift@IBMプロジェクトを立ち上げたShihab Mehboobさんが2020年から開発&公開しているTwitterクライアントで、iPhoneやApple Watch、iPadに加え、Mac CatalystでMacにも対応していますが、このAviaryの最新バージョンとなる「Aviary v2」がリリースされています。

Aviary 2 for Mac

Aviary is a beautiful Twitter client built with macOS design guidelines in mind. It’s simple enough to pick up and use immediately, and powerful enough to tweak it just the way you want. The delightful interface is coupled with extensive features that elevate your Twitter experience.

Aviary 2 – App Store

 Aviary 2はカラム表示に加え、ジェスチャーでの操作や、ダークモード、画像/ビデオのインライン表示、ツイートの取り消し、翻訳、フィルタ機能を利用したツイートの選別、ツイートのピン留め、ユーザーの詳細を記録するプライベートノート、Altテキスト、

Aviary 2 for iPad and iPhone

ツイートやタイムラインアピアランスの設定、トレンド検索、2ユーザーの関係(フォローやブロックなど)表示、iCloudを利用した既読位置やフィルタ/ユーザーノートの同期機能が利用できます。

Aviary 2 – App Store

 Aviary 2のシステム要件はmacOS 11 Big Sur、iOS 14以上のMacとiPhone、iPadで、アプリは月額240円(1.99ドル)または年額2,000円(15.49ドル)のサブプリクションか6,100円(49.99ドル)のForeverライセンス制ですが、3日間のトライアル期間が用意されているので、興味のある方は試してみてください。