入力パターンによりテンプレート内の変数を自在に変えられるMac用スニペットアプリ「TeaCode」のBeta版が公開中。

シェアする

スポンサーリンク

 入力パターンによりテンプレート内の変数を自在に変えられるMac用スニペットアプリ「TeaCode」のBeta版が公開されています。詳細は以下から。

TeaCodeアプリのアイコン

 TeaCodeはプロジェクトに必要なリソースをまとめて管理してくれるアプリWorkspacesなどを開発しているポーランドのApptoriumが新たに発表したMac用スニペットアプリで、TextExpanderDashの様に特定の入力パターン後にCommand + Option + eキーを押すことで設定されたコードを展開してくれる機能があります。

TeaCode Apptoriumの起動画面

Introduction to TeaCode

  • Write your code super fast – No matter what programming language do we use, we always write lots of code. TeaCode writes it with you. Quickly.
  • Focus on your code – Just write your code pattern, press TeaCode shortcut and keep writing your code.
  • Any text editor – TeaCode works with probably all the native macOS text editors. For non-native ones we’ve already made some plugins.
  • Community expanders (coming soon) – Get more expanders and share your ones with others.

TeaCode – Apptorium

 また、TeaCodeはスニペットの入力パターンに変数を設定することが可能で、変数はホットキー入力後に展開されるテンプレート内に反映されるため、例えば“gl”というスニペットに“variableName”という変数を設定し“gl variableName”として実行すると以下の様なテンプレートが展開されます。

guard let variableName = variableName else {
    return
}

 スニペットはデフォルトで70以上のSwift/PHP/HTMLコード(サンプル)が設定されており、入力パターンとテンプレート含めユーザーが設定することも可能で、AtomやVisual Studio Code用のプラグインおよびスニペットのQuickブラウズ機能、書き出し機能を搭載し、正式にリリースされた後はスニペットの共有機能も提供されるようです。

 TeaCodeの価格は24.99ドルですが、現在はBeta期間中で9.99ドルで購入できる他、30日間利用可能なトライアル版も公開されているので、興味のある方は試してみて下さい。