軽量かつマウスでの操作に対応したMac用ウィンドウマネージャ「Veeer」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 軽量かつマウスでの操作に対応したMac用ウィンドウマネージャ「Veeer」がリリースされています。詳細は以下から。

ウィンドウマネージャVeeerのアイコン

 VeeerはドイツUNIQ GmbH.のUI/UXデザイナーJulian Praestさんが1年前から自身のサイドプロジェクトとして開発を始めたMac用ウィンドウマネージャアプリで、軽量(約7MB)かつマウス&キーボードでの基本的なウィンドウ操作が可能なアプリとなっています。

VEEER is a lightweight window manager for your mac OSX – designed for designers & developers and built for a maximum workflow speed.

Window Manager for Mac OS – VEEER

 MacのウィンドウマネージャはmacOSデフォルトのSplit View/Snap機能やアプリ別に設定できるLayAuto for Mac、Touch BarやiOSアプリからも操作可能なMosaic、OS X 10.7から利用可能なMoom/SizeUp/Divvy、OSSのAmethystなど様々なアプリが公開されていますが、

軽量のウィンドウマネージャ

Veeerはショートカットキー+Arrowキーでのウィンドウの分割&整列表示に加え、ショートカットキー+マウス操作でウィンドウの最大/最小化、最小化したウィンドウの再表示、中央表示などが可能で、無料で公開されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。