MacBook ProのTouch Barを操作するとフィードバックを返してくれるユーティリティアプリ「HapticKey」がアップデートし、フィードバックの強度選択が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 MacBook ProのTouch Barを操作するとTaptic Engineでフィードバックを返してくれるユーティリティ「HapticKey」がアップデートし、フィードバックの強度選択が可能になっています。詳細は以下から。

HapticKey.appのアイコン

 HapticKeyは昨年末TwitterのエンジニアYoshimasa Niwaさんが公開したTouch Bar用ユーティリティアプリで、一部のMacBook Proに搭載されている「Touch Bar」を操作した際に、トラックパッドに搭載されているTaptic Engineでフィードバックを返してくれる機能がありますが、このHapticKeyがアップデートし、新たにフィードバックの強度が選択できるようになっています。

HapticKeyのHero

 最近のアップデートではフィードバックの強度設定の他にフィードバックを一時的に無効にするオプションなど以下の機能が加わっており、ソースコード(MITライセンス)とバイナリがGitHubリポジトリに公開されているので、Touch Bar搭載のMacBook Proユーザーの方はチェックしてみて下さい。

HapticKeyのフィードバックを有効にするにはシステム環境設定→[セキュリティとプライバシー] → プライバシータブからアクセシビリティリストにHapticKeyを追加してコンピュータの制御を許可してやる必要があります。

  • フィードバックの強度を[弱め]/[普通]/[強め]から選択可能。
  • 一時的にフィードバックを無効にするオプションの追加。
  • 新しいアイコンと中国語へのローカライズ。
  • 短時間にフィードバックが頻発しないように修正。

コメント

  1. 匿名 より:

    表題がフォードバックになってますが

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      先ほど該当箇所修正しましたので、WordPressのキャッシュクリア後に修正されると思います。
      フォードバック→フィードバック