macOS 10.13.2 High Sierraでは10Gb Ethernetがネイティブサポートされるもよう。

スポンサーリンク

 macOS 10.13.2 High Sierraでは10Gb Ethernetがネイティブサポートされる様です。詳細は以下から。

AppleのEthernetアイコン

 Appleは今月(2017年12月)、最大18-CoreのXeonプロセッサ、128GBのECCメモリ、4TBのSSDを搭載可能な「iMac Pro」を発売しますが、このiMac Proは1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応したEthernet(RJ‑45)ポートを搭載しており、最大10GbとなるEthernetを利用するためAppleは現在開発者に公開しているmacOS 10.13.2 Betaで新しいネットワークドライバをテストしているそうです。

iMac Proでサポートされる10Gb Ethernet

10Gb Ethernet

  • Nbase-T Ethernetは1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応
  • (RJ‑45コネクタ使用)
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
  • USB 3ポート x 4
  • SDXCカードスロット(UHS‑IIに対応)

iMac Pro – 仕様 – Apple

 TonyMacx86やMacRumorsのメンバーによると、AppleはmacOS 10.13.2 beta 2からGigabyteのGC-AQC107などにも採用されているAquantiaのAQC107チップ用ドライバをmacOSに同梱しているそうで、このまま正式にリリースされれば旧Mac Proなどでも10Gb EthernetのPCIeカードが利用できるようになるかもしれません。

/System/Library/Extensions/IONetworkingFamily.kext/Contents/PlugIns/AppleEthernetAquantiaAqtion.kext