Duet、「Duet Display for Mac」をアップデート。パフォーマンスを向上させ、High SierraのSKELに対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Duet, IncがiPadをMac/Windowsのサブディスプレイとして設定できる「Duet Display for Mac」をv1.6.9.3へアップデートしています。詳細は以下から。

Duet Display for Macのアイコン

 元Appleのエンジニアで現在はDuet, Inc.を設立し、iPadをMac/Windows PCのサブディスプレイとして利用できる「Duet Display」シリーズを開発しているRahul Dewanさんは本日、Duet DisplayのMac用クライアントをv1.6.9.3へアップデートし、iOSアプリv1.5.2でパフォーマンスを向上させた他、High Sierraでのクリティカルな不具合を修正したと発表しています。

Duet Display for Mac v1.6.9.3のリリースノート

Duet v1.6.9.3のリリースノート

  • Major Performance Improvements Require duet for iOS 1.5.2 or higher
  • Critical High Sierra fixes
  • Added A Beautiful Installer

リリースノートより

 また、Duet Display for Mac v1.6.9.3で初期インストール時にAppleがmacOS 10.13 High Sierraから導入した新しいセキュリティ機能「SKEL」に拒まれ、Duet Displayのカーネル拡張(KEXT:Kernel Extensions)がインストールされない問題に対応するため新しいインストーラーが採用され、

macOS 10.13 High SierraのSKELをサポートしたDuet Display

インストールプロセス中にシステム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー]パネルを開き、kextの使用許可を行うことが可能になっているので、High Sierraを搭載したMacで初めてDuet Displayをセットアップされる方はインストーラーに従って下さい。

署名はDuet, Inc.ではなく、Rahul Dewanさん名義なので注意して下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    うちで使っていたバージョン1.6.3.1はバージョンチェックが機能しておらず「最新です」と言い続けていた。

  2. 匿名 より:

    high sierraに未対応なのか?起動のインジケータが終わっても画面暗いままで、セーフ起動して、起動項目のコレを外すと正常に戻ったんだけど。ウイルスかと思ったぜ。