Apple、BeaconやPayment Request APIを試験的にサポートした「Safari Technology Preview 38」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがBeacon APIをデフォルトで有効にし、Payment Request APIを試験的にサポートした「Safari Technology Preview 38」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2017年08月23日、次期Safariへの採用が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safari「Safari Technology Preview(以下STP)」の38度目のアップデートとなる「STP 38」を新たに公開しています。

Aug 23, 2017 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 38 is now available for download for macOS Sierra and betas of macOS High Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 220128-220795.

Release Notes for Safari Technology Preview Release 38 – WebKit

 STP 38では新たにショッピングサイト上で一貫性のある決済フローを実現する”Payment Request API“が試験的にサポートされ、既に試験的なサポートが始まっていた“Beacon API”がデフォルトで有効になっています。

 WebKit Feature StatusページではBeacon APIやPayment Request APIは現在”In Development”となっており、Payment Request APIはSTPメニューの[Experimental Features] → [Payment Request]で有効にする必要がありますが、今後サポートされればより一層Apple Payでの買い物がシームレスになると思われます。

Safari Technology Preview 38のPayment Request API