OpenZFS、macOS 10.13 High Sierraをサポートした安定版の「OpenZFS on OS X 1.7.0」をリリース。

スポンサーリンク

 OpenZFSがmacOS 10.13 High Sierraをサポートした安定版となる「OpenZFS on OS X 1.7.0」をリリースしています。詳細は以下から。

OpenZFSのアイコン。

 OpenZFSプロジェクトは現地時間2017年10月24日、今年7月にリリースした「OpenZFS on OS X 1.6.2-RC1」に続き、macOS 10.13 High Sierraをサポートしたファイルシステム「ZFS」の安定版となる「OpenZFS on OS X 1.7.0」をリリースしたと発表しています。

OpenZFS_on_OS_X_1.7.0

  • ABD support (OpenZFS)
  • File pool import bug fix (Jorgen Lundman)
  • ABD move enhancement (Sean Doran)
  • 7968 multi-threaded spa_sync (OpenZFS)
  • Native Encryption (Tom Caputi)
  • zpool scrub pause/resume (OpenZFS)
  • zfs recv of compressed streams fix (OpenZFS)
  • OS X High Sierra support (Jorgen Lundman)

and lots of small commits and bug fixes.

Changelogより

 OpenZFS on OS XはOpenZFSの公式サイトおよびGitHubで公開されており、OS X 10.8.5 Mountain Lion ~ macOS 10.13 High Sierraで利用できるようになっているので、MacでもZFSを利用している方は関連リンクから公式サイトなどへどうぞ。

OpenZFS_on_OS_X_1.7.0のインストーラー