Mac用メンテナンスユーティリティ「OnyX」がアップデートし、macOS 10.13 High Sierraに対応。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用メンテナンスユーティリティ「OnyX」がアップデートし、macOS 10.13 High Sierraに対応しています。詳細は以下から。

High Sierraに対応したOnyXのアイコン

 フランスのTitanium Softwareは現地時間2017年10月08日、2003年から開発&公開しているMacの総合メンテナンスツール「OnyX」をv3.3.5へアップデートし、macOS 10.13 High Sierraに対応したと発表しています。

macOS 10.13 High Sierraに対応したOnyX

OnyX version 3.3.6 in progress…

  • Bug corrected that occurred when checking an APFS volume
  • Summary Service added in the Appplications tab of Utilities pane.

OnyX version 3.3.5

  • New version for macOS High Sierra only

リリースノートより

 開発者のJoël Barrièreさんによると、OnyX v3.3.5はmacOS 10.13 High Sierraに対応したもののAPFSボリュームで幾つかの不具合が発生しており、これに関しては次期アップデートで対応を予定していますが、それ以外の機能は利用できるのでHigh SierraへアップグレードしてMacのメンテナンスを行いたい方は利用してみて下さい。

APFSをサポート中のOnyX

 *公開されているサーバーの回線が細いようですが、dmgファイルのハッシュ(SHA256)値は以下の通り。

openssl sha256 OnyX.dmg
07a61c661c4553bce9ecf98b741e711c64f1ac12eac4452b832e1f1e6bf21dee

コメント

  1. 匿名 より:

    わーい!