Savage、Metalを採用し最高4倍の速さになったiPad用ペイントアプリ「Procreate 4」をリリース。

スポンサーリンク

 SavageがAppleのグラフィックスAPI「Metal」を採用し最高4倍の速さになったiPad用ペイントアプリ「Procreate 4」をリリースしています。詳細は以下から。

Procreate 3のアイコン。

 iPad ProのApple PencilやiPad Proの120Hz ProMotion技術に対応したiPad用ペイントアプリ「Procreate」を開発しているオーストラリアのSavage Interactiveは14日、Procreateユーザーに対し4度目のメジャーアップデートとなる「Procreate 4」をリリースしたと発表しています。

Procreate v4のスナップショット

 Procreate v4の新機能は以下の通りで、価格は1,400円で既存のユーザーには無償アップデートで提供されますが、システム要件は「iOS 11」以上となっているので、iOS 10.xユーザーの方はiOS 11へアップグレードしてからアップデートをチェックしてみて下さい。

Procreate v4でシステム要件が引き上げ

iOS 11へアップグレードすると32-bitアプリは動かなくなります

バージョン 4.0 の新機能

  • パフォーマンスと安定性
    • 新しく、ProcreateはiOSのための画期的な新しいペイントエンジン、Silica Mを搭載しています。新しくProcreateは従来の最高4倍の速さになり、そして、完全にMetalを元に構築されました。

  • まったく新しいペイントミックス
    • 完全に新しくなったウェットペインティングとぼかし効果を体験してください。キャンバスでペイントを混ぜ、組み合わせて、流れるような、しかも正確なブレンドを実現します。

  • レイヤーマスク
    • レイヤーマスクを使うと、レイヤーのどの部分を表示するかを選択できるので、オリジナルコンテンツを喪失するようなことがありません。

  • 洗練されたインターフェース
    • Procreateのほぼすべてのピクセルが磨き上げられ、ワークフローがより速く、より簡単になりました。

  • ブラシブレンドモード
    • ブラシのパワーをアップして、シングルレイヤーで新しいエフェクトを作成しましょう。

  • P3 ワイドカラー
    • 新しく、ワイドカラー対応のiPadでは、フルワイドカラーでアートを作成、書き出すことができるようになりました。

  • ドラッグ&ドロップ
    • 他のアプリケーションから(または、アプリケーションに)イメージ、レイヤー、ブラシ、パレットをドラッグ&ドロップできます。

  • ギャラリー
    • 再構築されて新しくなったProcreateギャラリーは、何千ものアートワークを簡単に管理できます。

  • AirPlayキャンバス
    • どんなディスプレイもアートワークのライブ表示に変えてしまいましょう。AirPlayキャンバスをアクティベートすると、キャンバス全体を第2のディスプレイに映し出すことができます。

  • 全般的な改良
    • 今回のアップデートには、数多くの修正と改良が含まれています。“写真”との操作性の向上、キャンバスに情報の追加、およびメモリの使用量の削減などはその一例です。